メインメニューを開く

粗鋼(そこう、: Crude steel)とは、転炉電気炉などで精錬され、圧延鍛造などの加工を施す前の。最終的には自動車電気製品などの耐久消費財建築材料となることから、粗鋼生産量は景気の動向を示す指標となる。統計用語としては、1958年に鋼から呼び変えられる形で採用された[1]、2000年以降一般では認知されておらず、それ以前には報じていたマスコミも現在は使わない。銑鉄は転炉での精錬前のであり、十分に脱酸されず熱延鋼板や冷延鋼板に適する「リムド鋼」、十分に脱酸され高級鋼材に適する「キルド鋼」、その中間で厚鋼板やレールに適する「セミキルド鋼」に大別できる[2]

関連項目編集

脚注編集