粟屋 元隆(あわや もとたか)は、戦国時代武将若狭武田氏の家臣。始め住吉大社宮司後陽成天皇の曽祖父にあたる。

 
粟屋元隆
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
官位 右京亮
主君 武田元光
氏族 若狭粟屋氏
父母 父:笑鴎軒悦岑
勧修寺尚顕
元子
テンプレートを表示

略歴編集

粟屋賢家の子である笑鴎軒悦岑の嫡男として誕生。

若狭武田氏の有力家臣で小浜代官を務め、大永年間には霞美ヶ城を築いた。

天文7年(1538年)、主君・武田元光の弟である信孝を擁して謀反を起こすも、元光の子・信豊と戦って敗れた。

系譜編集

外部リンク編集