精神史(せいしんし):

  1. ある人の思想的変遷。
  2. Geistesgeschichteの訳語。連続する歴史事件事象には何らかの共通した理念思潮が働いており、それを研究することで歴史を説明しようとする学問。ドイツのマイネッケディルタイが大成した[1]
  3. インテレクチュアル・ヒストリーの訳語。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集