紀善峯
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 承和4年6月30日837年8月4日
別名 善峰、善岑
官位 従四位上美濃守
主君 嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇
氏族 紀氏
父母 父:紀広浜
兄弟 善峯長江
石川氏
夏井、大枝、春枝?、秋峰豊城、春道、仁明天皇宮人
テンプレートを表示

紀 善峯(き の よしみね)は、平安時代初期の貴族。名は善峰善岑とも記される。参議紀広浜の子。官位従四位上美濃守

経歴編集

弘仁5年(814年従七位下から一挙に八階昇進して従五位下叙爵。その後、弘仁13年(822年)従五位上、弘仁15年(824年正五位下天長5年(828年従四位下嵯峨朝末から淳和朝にかけて順調に昇進する。また、時期は不明だが美濃守を務めている。

承和2年(835年)従四位上に叙せられるが、承和4年(837年)6月30日卒去

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 「紀氏系図」『続群書類従』巻第168所収
  2. ^ a b 『日本三代実録』貞観8年9月22日条
  3. ^ 夏井の異母兄(『日本三代実録』貞観8年9月22日条)
  4. ^ 夏井の異母弟(『日本三代実録』貞観8年9月22日条)
  5. ^ 萩谷朴「貫之の家系」『二松学舎大学創立八十周年記念論集』1957年

参考文献編集