紀長江
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位上大宰大弐
主君 淳和天皇仁明天皇
氏族 紀氏
父母 父:紀広浜
兄弟 善峯長江
良舟、豊河、魚弼
テンプレートを表示

紀 長江(き の ながえ)は、平安時代初期の貴族参議紀広浜の子。官位従四位上大宰大弐

経歴編集

弘仁14年(823年従五位下叙爵天長7年(830年)従五位上、天長9年(832年正五位下、天長10年(833年従四位下淳和朝の後半に急速に昇進した。承和7年(840年)の淳和上皇崩御の際には装束司を務めている。

仁明朝では備中守民部大輔備前守大和守・大和国班田使次官・大宰大弐と主に地方官を務める。この間の承和9年(842年)正月に従四位上に叙せられ、同年8月には承和の変により皇太子を廃された恒貞親王内裏から淳和院に移された際、淳和院から親王を出迎えに参上した[1]。また、承和15年(848年)大宰大弐の官職にあった際、豊後国で雪団子状の形をした白亀を得た事を瑞兆として朝廷に報告を行っている[2]

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

注記のないものは『尊卑分脈』による。

  • 父:紀広浜
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:紀良舟
    • 男子:紀豊河[3]
    • 男子:紀魚弼[4]

脚注編集

  1. ^ 続日本後紀』承和9年8月13日条
  2. ^ 『続日本後紀』承和15年6月3日条
  3. ^ 『尊卑分脈』に恐らく誤りの旨の注記あり。一説では広浜の子とする。
  4. ^ 鈴木真年『諸系譜』第1冊,紀朝臣。『尊卑分脈』では豊河の子とする。

参考文献編集