メインメニューを開く

紀 家守(き の いえもり/ やかもり)は、奈良時代公卿大宰大弐紀男人の子。官位従四位上参議

 
紀家守
時代 奈良時代
生誕 神亀2年(725年
死没 延暦3年4月19日784年5月12日
官位 従四位上参議
主君 光仁天皇桓武天皇
氏族 紀氏
父母 父:紀男人[1]
兄弟 家守門守、兼貞、家継
テンプレートを表示

目次

経歴編集

淳仁朝天平宝字5年(761年)頃治部少丞を務めている。光仁朝初頭の宝亀2年(771年従五位下に叙せられる。のち、宝亀7年(776年)従五位上・春宮亮丹波守、宝亀8年(777年美濃守に叙任された。

桓武朝に入ると俄に重用され、天応元年(781年正五位上左中弁右兵衛督、天応2年(782年従四位下参議中宮大夫に叙任されて公卿に列した。延暦3年(784年)正月に従四位上に叙せられ、3月には備前守を兼任するが、同年4月19日卒去享年60。最終官位は参議中宮大夫従四位上。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 続日本紀』延暦3年4月19日条および『尊卑分脈』。「紀氏系図」(『続群書類従』巻第168所収)では紀猿取の子とする。
  2. ^ 『朝日日本歴史人物事典』

参考文献編集