メインメニューを開く

細媛命(くわしひめのみこと/ほそひめのみこと[1])は、欠史八代孝霊天皇皇后孝元天皇の生母。

細媛命
第7代天皇后
皇后 孝霊天皇2年2月11日
皇太后 孝元天皇元年1月14日

父親 磯城県主大目
配偶者 孝霊天皇
子女 孝元天皇
異表記 細比売(古事記)
異説 十市県主祖大目の娘、細比売
春日千乳早山香媛
十市県主等の祖、真舌媛
テンプレートを表示

日本書紀』本文における皇后で、磯城県主大目の娘。『古事記』では十市県主祖大目の娘である細比売。

なお、『日本書紀』第1の一書での皇后は春日千乳早山香媛(かすがのちちはややまかひめ)。第2の一書の皇后は十市県主等の祖である真舌媛(ましたひめ)。


関連項目編集

関連史料編集

注釈編集

  1. ^ 読みの「くわしひめのみこと」「ほそひめのみこと」とも、『日本古代氏族人名辞典 普及版』(吉川弘文館、2010年)細媛命項による。