十市県主大目

孝元天皇外戚
 
大目
時代 古代
生誕 不明
死没 不明
氏族 磯城県主十市県主
父母 父:猪手
細媛命五十坂彦
テンプレートを表示

磯城県主大目(しきのあがたぬしのおおめ、生没年不詳)は、古代日本の豪族で、磯城県主の一人。

概要編集

日本書紀』では磯城県主で孝霊天皇の皇后である細媛命の父とされるが、『古事記』では十市県主の祖とある。ただし世代数や系譜関係、古代の命名法などを考え合わせると、系譜上での位置づけは葉江の弟・猪手の子で、五十坂彦とは同一人物であり、五十坂媛は妹に置かれるものと考えられる[1]

脚注編集

  1. ^ 宝賀寿男「三輪氏一族の系図(試案)」『古代氏族の研究⑦ 三輪氏 大物主神の祭祀者』青垣出版、2015年。

関連項目編集