メインメニューを開く

細谷 貞雄(ほそや さだお、1920年1月22日[1] - 1995年12月8日[2])は、日本哲学者である。

出身は東京都1942年東京帝国大学文学部哲学科卒。北海道大学助教授1960年東北大学助教授、1968年東北大学教授1977年東北大学名誉教授岡山大学教授、1984年岡山大学定年退官、岡山大学名誉教授

著書編集

  • 『歴史哲学』春秋社 1948
  • 『若きヘーゲルの研究』未来社 1971
  • 『哲学の作文 現代ドイツ哲学研究』未来社 1975

翻訳編集

  • シェリング『近世哲学史講座』福村書店 1950
  • 『ハイデッガー選集 第2 ニーチェの言葉・「神は死せり」,ヘーゲルの「経験」概念』理想社 1954
  • ランドグレーベ『現代の哲学』理想社 1957
  • ショーペンハウエル『知性について 他四篇』岩波文庫 1961
  • 『ハイデッガー選集』第16-17「存在と時間亀井裕,船橋弘共訳 理想社 1963-64
  • アルフレッド・スターン『歴史哲学と価値の問題』船橋弘,小林一郎[要曖昧さ回避]共訳 岩波書店 1966
  • ユルゲン・ハーバーマス『社会哲学論集 政治における理論と実践』第1-2 未来社 1969-70 「理論と実践 社会哲学論集」未来社 1975
  • ハーバーマス『公共性の構造転換』未来社 1973
  • ヘーゲル『現代キリスト教思想叢書 5 キリスト教の精神とその運命』岡崎英輔共訳 白水社 1974
  • 『ハイデッガー選集 ニーチェ』上中 理想社 1975-77
  • ハバーマス『晩期資本主義における正統化の諸問題』岩波現代選書 1979
  • ハイデッガー『存在と時間』ちくま学芸文庫 1994
  • ハイデッガー『ニーチェ』監訳 平凡社ライブラリー 1997 

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 『人物物故大年表』