経済構造(けいざいこうぞう)とは経済学用語の一つ。世界規模や、国家単位での経済活動構造のことを言う。この経済構造というのがどのような状態であるかは、対象とする組織単位において盛んである産業がどのようなものであるかということから定まってくる。たとえば、農業国とされるような国家の経済構造というのは第一次産業で占められているといった形にである。この経済構造というのは国家経済成長をするということから変遷するということであり、第一次産業が盛んであった国家が経済成長をしたならば、その国家は第二次産業第三次産業が経済構造を占める国家へと変遷するといった形にである。経済構造が変化をするということは、その国家の多くの国民職業も変化してきているということであり、経済発展とともに経済構造が変化をしてきた国家ならば、その国家の国民所得というものも共に向上しているということである。

外部リンク 編集

  • 松坂兵三郎「経済構造の変化と資本蓄積」『成城大學經濟研究』第1巻、成城大学経済学会、1953年9月、45-73頁、ISSN 03874753CRID 1050845762404757888 
  • 宮沢健一『経済構造の連関分析』 一橋大学〈経済学博士 乙第25号〉、1969年。NAID 500000410311http://id.ndl.go.jp/bib/000009153172 
  • 矢野昌浩「「経済構造の変化と社会法政策」に関する覚書」『龍谷法学』第46巻第4号、龍谷大学法学会、2014年3月、1085頁、hdl:10519/5388ISSN 02864258CRID 1050852581571825152