結城 氏朝(ゆうき うじとも)は、室町時代前期の武将下総結城氏11代当主。官位従五位下中務大夫

 
結城氏朝
Yuki Ujitomo.jpg
結城氏朝(森戸果香筆)
時代 室町時代中期
生誕 応永9年(1402年
死没 嘉吉元年4月16日1441年5月6日
別名 結城七郎(通称)
戒名 藤山明永
官位 従五位下中務大夫
幕府 室町幕府
主君 足利持氏
氏族 小山氏結城氏
父母 小山泰朝結城満広
兄弟 小山満泰あるいは小山持政?、氏朝
小山広朝山川氏義
持朝朝兼長朝成朝
テンプレートを表示

略歴編集

応永9年(1402年)、小山泰朝の次男として誕生。伯父で10代当主・結城満広の養嗣子となって家督を継ぐ。4代鎌倉公方足利持氏より偏諱を受けて氏朝と名乗る。

永享10年(1438年)からの永享の乱で、持氏が6代将軍・足利義教幕府軍に敗れて自害した後、関東が将軍の支配下に入ることに不満を抱き、持氏の遺児である春王丸安王丸らを結城城に迎え、幕府に対して公然と反旗を翻した。いわゆる結城合戦であるが、これに対して義教は結城城に上杉清方を総大将とした大軍を送ってこれを攻め、嘉吉元年(1441年)4月に結城城は落城し、安王丸と春王丸は捕らえられて後に殺され、氏朝は嫡男で12代当主であった持朝と共に討死して果てた。享年40。

なお結城氏は末子・重朝が生き延び、後に足利成氏によって再興が許されている[1]

脚注編集

  1. ^ 重朝は成氏より1字を受けて成朝に改名。