メインメニューを開く
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

統一人民自由同盟(とういつじんみんじゆうどうめい、シンハラ語: එක්සත් ජනතා නිදහස් සන්ධානය Eksath Janatha Nidahas Sandhanayaタミル語: ஐக்கிய மக்கள் சுதந்திரக் கூட்டணி英語: United People's Freedom Alliance, UPFA)は、スリランカ政党連合2015年現在、スリランカ大統領マイトリーパーラ・シリセーナが代表を務める[1]

スリランカの旗 スリランカ政党
統一人民自由同盟
එක්සත් ජනතා නිදහස් සන්ධානය
(Eksath Janatha Nidahas Sandhanaya)
ஐக்கிய மக்கள் சுதந்திரக் கூட்டணி
United People's Freedom Alliance
Maithripala Sirisena (cropped).jpg
マイトリーパーラ・シリセーナ
代表 マイトリーパーラ・シリセーナ
成立年月日 2004年
本部所在地 301 T. B. Jaya Mawatha, Colombo 10
国会
95 / 225   (42%)
(2015年)
政治的思想・立場 社会主義左翼ナショナリズム
シンボル Betel Leaf
テンプレートを表示

歴史編集

統一人民自由同盟は2004年の国政選挙戦において結成された。4月2日に実施された同選挙では、統一人民自由同盟は総票数の45.6%、225議席中105議席を獲得し、過半数には届かなかったものの議会の最大勢力となり、政権を獲得した。[2] その後の連立交渉・合流を経て、9月には過半数を達成した。

しかし翌2005年4月、連合の主要政党の一つであったスリランカ人民解放戦線が統一人民自由同盟を離脱。これによりクマーラトゥンガ政権は少数与党を強いられることとなった。

2005年11月の大統領選挙ではマヒンダ・ラージャパクサを擁立、総票数の50.29%を獲得して、勝利した。2010年1月の大統領選挙でも再びマヒンダ・ラージャパクサを擁立。内戦終結を追い風に総票数の57.88%を獲得し、再選を果たした。[3] 同様に同年4月の国政選挙においても過半数を大きく超える144議席を占める大勝を果たしている。

2015年の大統領選挙では、再びラージャパクサを擁立するも、与党から離反したマイトリーパーラ・シリセーナに敗れた。シリセーナは選挙後にスリランカ自由党に戻り党首に就任しており、3月には統一人民自由同盟の代表にも選出された[1]。しかし8月の国会選挙には復権を狙うラージャパクサの下で野党として臨んでおり、49議席を失う大敗を喫した[4]

所属政党編集

結成時編集

2004年の結成当時は以下の7政党から構成されていた。

現在編集

2012年現在は以下の17政党から構成されている。

参考文献編集

  1. ^ a b President Sirisena appointed UPFA Chairman” (英語). Ada Derana (2015年3月15日). 2015年5月9日閲覧。
  2. ^ “President wins Sri Lanka election”. BBC News. (2004年4月4日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/3596227.stm 
  3. ^ [1]
  4. ^ スリランカ議会選挙、与党陣営勝利 中国依存修正など継続へ”. 日本経済新聞 (2015年8月18日). 2015年8月31日閲覧。