メインメニューを開く

地理編集

  • 山頂部一帯が梅林。南側が播磨灘なこともあって「海の見える梅林」として人気がある。春の訪れと共に、綾部山丘陵部24haに「一目二万本」と賞される梅が咲く。西寄りには「世界の梅公園」もある。また近年はふもとの休耕田を利用して菜の花を植栽していて、梅とほぼ同時期に広大な菜の花畑が広がる。
  • 南東麓は「新舞子」として、兵庫県西部(播州地方)では有名な海水浴場国民宿舎もある。南西麓は、傾斜がそのまま海に落ち込む断崖地帯。

古墳群編集

5世紀から7世紀にかけての古墳が20基以上ある。

交通編集

周辺の施設編集

外部リンク編集