羊 玄之(よう げんし、? - 303年)は、中国西晋外戚恵帝皇后羊献容の父にあたる。本貫泰山郡南城県

経歴編集

羊瑾の子として生まれた。はじめ尚書郎となった。300年永康元年)、娘が皇后に立てられたため、玄之は光禄大夫・特進・散騎常侍の位を受け、興晋侯に封じられた。後に尚書右僕射に転じ、侍中の任を加えられ、爵位を公に進めた。303年太安2年)8月、河間王司馬顒と成都王司馬穎が長沙王司馬乂を攻撃したとき、司馬顒らは玄之と皇甫商を討つことを挙兵の名目とした。9月、玄之は憂懼の末に死去した。車騎将軍・開府儀同三司の位を追贈された。

伝記資料編集