美川 英二(みかわ えいじ、1933年8月17日 - 1999年6月19日)は、日本のラグビー選手、実業家。元横河電機社長。

美川 英二 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 1933年8月17日[1]
出身地 日本の旗 日本 大阪府三島郡千里村
没年月日 (1999-06-19) 1999年6月19日(65歳没)
死去地 日本の旗 日本 東京都新宿区 
大学 慶應義塾大学法学部
ラグビーユニオン経歴
ポジション フランカー[2]
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
1952-1955 慶應義塾大学 ()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
1956-? 横河電機 ()
■テンプレート

来歴編集

大阪府三島郡千里村(現:吹田市)出身で吹田市立千里第二小学校を卒業した[3][4]慶應高校に入学。高校時代よりラグビー部に所属した[4]。1952年に慶應義塾大学法学部に入学し[1]蹴球部(ラグビー部)に所属した[4]

大学を卒業した1956年4月より横河電機製作所 (現:横河電機) に入社してからも同社ラグビー部に所属して海外での試合にも出場した[4]。横河電機では測定器及び人事部に所属されてキャリアを積み、人事部長やシステム営業本部長を経て[5]、1976年6月に取締役に就任した[1] が、入社20年目での取締役就任は横河正三に次ぐ2番目の早さであった[3]

1982年6月に常務取締役、1983年4月に常務取締役兼営業統括部長、1985年7月に代表取締役常務、1986年6月に代表取締役専務、1991年6月に代表取締役副社長を歴任[1]。1993年6月より代表取締役社長に就任した[1]。1983年には常務として北辰電機製作所との合併を手掛け、社長時には山一證券(1997年11月自主廃業)の職員から36歳以上を中心に25名の雇用を受け入れる決断を行った[3]

1999年6月19日午後1時10分、東京都新宿区の病院で胆管細胞癌により死去した[6]。6月21日に横河電機社葬が行われた[3]

エピソード編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 横河電機株式会社 有価証券報告書(1998年3月期)、2016年2月15日閲覧
  2. ^ 【時代のリーダー】美川 英二・横河電機社長”. 日経ビジネス (2009年4月13日). 2016年2月15日閲覧。
  3. ^ a b c d 「横河電機社長 美川英二さん(惜別)」朝日新聞、1999年7月22日、2015年2月15日閲覧
  4. ^ a b c d 美川英二君 追悼”. 千里山会 (会報三号). 2016年2月15日閲覧。
  5. ^ 「編集長インタビュー」朝日新聞、1997年11月29日、2015年2月15日閲覧
  6. ^ 「美川英二氏 死去」朝日新聞、1999年6月22日、2015年2月15日閲覧
  7. ^ 「Jリーグ加盟、視野に 外国選手迎え強化」毎日新聞、1994年1月12日、2015年2月15日閲覧

関連項目編集

ビジネス
先代:
山中卓
9代目:横河電機社長
1993年 - 1999年
次代:
内田勲