メインメニューを開く

美幌ユースホステル(びほろユースホステル)は、かつて北海道網走郡美幌町に存在したユースホステル

美幌ユースホステル
Bihoro YH 2011.JPG
収容人数 30人
所在地 092-0063
北海道網走郡美幌町元町31
外部リンク JYH協会内サイト

目次

概要編集

本ユースホステルは、1965年10月、美幌町の誘致を受け日本ユースホステル協会が、北海道内では3番目のユースホステルとして設立した[1]。ホテルの建物は、支笏湖ユースホステル室蘭ユースホステルなどを設計した、北海道を代表する建築家である田上義也の設計である。設立当初は年間約5千人、ピーク時の1970年代前半には約1万人が宿泊した[2]

2004年、同協会は建物を美幌町に無償譲渡した。2013年3月31日、施設の老朽化並びに利用客減少などを理由として美幌町がユースホステル営業継続を断念し、47年の歴史に終止符を打ち廃館となった[3][1][2]

冬季休館編集

11月上旬 - 3月下旬

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ a b 美幌ユースホステルが廃止に 日本共産党美幌町議会議員:大江道男ブログ 2013年2月26日付
  2. ^ a b ユースホステル、今月末に閉鎖 美幌 北海道新聞 2013年3月14日付(WEB魚拓による保存措置)
  3. ^ 美幌ユースホステル 美幌町公式サイト

外部リンク編集