美濃福岡駅(みのふくおかえき)は、かつて岐阜県恵那郡福岡町(現・中津川市)に存在した北恵那鉄道北恵那鉄道線廃駅)である。

美濃福岡駅
Minofukuoka station ruin.jpg
駅跡に建てられた記念碑(2010年8月)
みのふくおか
MINO FUKUOKA
関戸 (1.5 km)
(1.6 km) 栗本
所在地 岐阜県恵那郡福岡町
(現・中津川市)福岡
北緯35度33分29.8秒 東経137度26分59.1秒 / 北緯35.558278度 東経137.449750度 / 35.558278; 137.449750座標: 北緯35度33分29.8秒 東経137度26分59.1秒 / 北緯35.558278度 東経137.449750度 / 35.558278; 137.449750
所属事業者 北恵那鉄道
所属路線 北恵那鉄道線
キロ程 11.4 km(中津町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1924年(大正13年)8月5日
廃止年月日 1978年(昭和53年)9月18日
テンプレートを表示

駅施設編集

木造駅舎が設置され、廃止時点まで有人駅であった。また、開業当初より駅構内には変電所が設置されていた。2面2線のホームを有し、交換設備を有していた。北恵那鉄道は他の中間駅にも交換施設があったのだが、廃止時まで使用されていたのは美濃福岡駅のみであった。

福岡町の中心地に近いこともあり、利用客は多かったという。

沿革編集

  • 1924年(大正13年)8月5日 - 北恵那鉄道線開通に際し開業。
  • 1936年(昭和11年)12月 - 当駅構内の福岡変電所の電動発電機が火災(落雷が原因という)で損傷し、全線が運休。駄知鉄道笠原鉄道から蒸気機関車を借用し運行を再開。
  • 1937年(昭和12年)2月 - 福岡変電所が復旧し、電車の運行再開。
  • 1978年(昭和53年)9月18日 - 北恵那鉄道線とともに廃止。

現在の状況編集

1984年1月発売の『空から見た岐阜県 - 航空写真集』(中日新聞社)に、廃線から5年後の1983年10月撮影の当駅跡周辺が撮影されており、廃線跡軌道がはっきりと確認できる。

ホームの痕跡が長らく残っていたが、福岡町役場(現・中津川市福岡総合事務所)の駐車場拡張工事により撤去された。2004年(平成16年)12月14日、駅跡地の駐車場の一角に記念碑が完成。

隣の駅編集

北恵那鉄道
北恵那鉄道線
関戸駅 - 美濃福岡駅 - 栗本駅

関連項目編集