メインメニューを開く

美馬 孝人(みま たかひと、1942年 - )は、日本経済学者。専門は、社会政策。現在、北海学園大学名誉教授。元北海道私立大学教職員組合連合執行委員長。恩師は新川士郎

目次

来歴編集

北海道岩見沢市出身。1965年(昭和40年)北海道大学経済学部卒業。1969年(昭和44年)同大学院経済学研究科博士課程中退。同年、北海学園大学経済学部講師に就任。1971年(昭和46年)同経済学部助教授1981年(昭和56年)同経済学部教授、同大学院経済学研究科教授。1991年同経済学部長・同大学院経済研究科長。1999年(平成11年)同大学院経済研究科長。2011年北海学園大学定年退職。同名誉教授。同大学院経済研究科非常勤講師(2011年~2013年)。

この他、北海学園大学教職員組合委員長も務めた。

研究編集

イギリスにおける社会政策社会保障発達史、社会経済政策史を研究。この他雇用保険事業なども研究

主著編集

単著編集

『イギリス社会政策の展開(現代経済政策シリーズ3巻)』(日本経済評論社, 2000年)

訳書編集

  • B.ロジャーズ著『貧困との闘い : 貧民法から福祉国家へ』(梓出版社, 1986年)
  • ビク・ジョージ/ポール・ワイディング著 白沢久一と共訳『イデオロギーと社会福祉』(勁草書房, 1989年)
  • G・C・ピーデン著 千葉頼夫と共訳『イギリス経済社会政策史 ロイドジョージからサッチャーまで』(梓出版社, 1990年)
  • キャサリーン・ジョーンズ著『イギリス社会政策の形成 : 1830〜1990年』(梓出版社, 1997年)
  • ケネス・O・モルガン著『デーヴィッド・ロイドジョージ 1863-1945』(梓出版社, 2004年)

参考文献編集

『北海道人物・人材リスト 2004 なーわ』(日外アソシエーツ編集・発行、2003年)

関連項目編集