メインメニューを開く

群馬会館(ぐんまかいかん)は、群馬県前橋市大手町二丁目にある公会堂。群馬県庁昭和庁舎の向かい側に建つ。

群馬会館
Gunma Kaikan survey.jpg
情報
完成 1930年11月
開館 1930年11月
客席数 ホール 410人
設備 ホール、楽屋、準備室、1階広間、会議室、食堂
用途 コンサート全般、展覧会、イベント
運営 群馬会館管理事務室
所在地 群馬県前橋市大手町二丁目1番地1
位置 北緯36度23分27.9秒 東経139度3分44.0秒 / 北緯36.391083度 東経139.062222度 / 36.391083; 139.062222座標: 北緯36度23分27.9秒 東経139度3分44.0秒 / 北緯36.391083度 東経139.062222度 / 36.391083; 139.062222
アクセス JR前橋駅よりバス6分
外部リンク 群馬会館の利用案内・利用料金

昭和天皇の即位を記念して1930年(昭和5年)に建設された群馬県内最古の公会堂で、設計は県庁昭和庁舎と同じく佐藤功一が担当した。1983年(昭和58年)、第38回国民体育大会に合わせて外観を維持したまま内部改修が施され、1996年(平成8年)12月20日に国の登録有形文化財に登録された[1]。前橋市民からは、同市の代表的なコンベンション施設として親しまれている。

建物はルネサンス様式で、地上4階・地下1階からなる。

施設編集

ホール編集

その他編集

  • 1階広間
  • 会議室(第1~7)
  • 食堂「群馬會舘食堂」

アクセス編集

  • JR両毛線前橋駅からバス6分。
  • JR両毛線新前橋駅からバス7分。
  • 上毛電気鉄道上毛線中央前橋駅からバス7分。
  • 関越自動車道前橋インターチェンジから10分。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 群馬会館 - 国指定文化財等データベース(文化庁)、2017年10月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集