メインメニューを開く

聖ソフィア大聖堂 (ハルビン)

聖ソフィア大聖堂(聖索菲亜教堂)
聖ソフィア大聖堂の天井

聖ソフィア大聖堂中国語: 索非亚大教堂)は、ハルビンにあるロシア正教会聖堂。ハルビンを象徴するロシア建築。現在は教会・聖堂としては使用されず、ハルビン建築芸術館として一般公開されている。

一般ではソフィスカヤ寺院とも表記されるが、正教会では「寺院」の呼称は用いられない。

概要編集

1907年3月帝政ロシア兵士の軍用教会として創建された。日露戦争1904年明治37年)2月6日1905年(明治38年)9月5日)の終戦2年後にあたる。その後もロシアの茶商人などが出資し、拡張工事が行われ、1932年に現在の姿になった。

現在は教会としては使用されず、ハルビンの開拓期の写真をはじめ、絵画教会堂などの模型が展示されており、観光名所となっている。高さ53.35m、建築面積721m2ビザンチン建築の影響を強く受けており、平面がラテン十字形であり、約2000人が収容できる規模である。最上階の鐘楼にはの異なる7つのがある。内部のは痛みが激しく、色褪せ所々剥落しており古色蒼然たる趣がある。ガラスにはステンドグラスは一切使われていない。レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』のレプリカなどが飾られ、豪華なシャンデリアは特に壮大である。

周囲はデパートなど商業施設が建ち並ぶ近代的な繁華街であり、当教会はその中で異彩を放っている。また、結婚式の写真撮影の名所ともなっており、ウェディングドレス姿の花嫁の姿がしばしば見られる。

開堂時間
電話番号

ギャラリー編集

関連項目編集