聖女ジャンヌ・ダーク

聖女ジャンヌ・ダーク』(せいじょジャンヌ・ダーク、Saint Joan)は、1957年イギリスアメリカ合衆国伝記映画。監督はオットー・プレミンジャー、出演はジーン・セバーグリチャード・ウィドマークなど。ジャンヌ・ダルクの生涯を描いたジョージ・バーナード・ショー1923年戯曲聖女ジョウン英語版』を原作としている。また、主演のセバーグのデビュー作である。

聖女ジャンヌ・ダーク
Saint Joan
Saintjoanposter1957.JPG
監督 オットー・プレミンジャー
脚本 グレアム・グリーン
原作 ジョージ・バーナード・ショー
聖女ジョウン英語版
製作 オットー・プレミンジャー
出演者 ジーン・セバーグ
リチャード・ウィドマーク
リチャード・トッド
ジョン・ギールグッド
音楽 ミシャ・スポリアンスキー英語版
撮影 ジョルジュ・ペリナール英語版
編集 ヘルガ・クランストン英語版
製作会社 Wheel Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年5月8日
上映時間 110分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $400,000[1]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開だが、NHK衛星第2で放映されたことがある[2]

ストーリー編集

フランスの老王シャルル7世の枕元に、かつて火あぶりの刑に処せられて死んだジャンヌ・ダルクの亡霊が現れる。王は若き王太子時代に、ジャンヌと初めて出会った頃を思い出す。

キャスト編集

出典編集

  1. ^ Saint Joan (1957)” (英語). IMDb. 2020年7月15日閲覧。
  2. ^ 映画 聖女ジャンヌ・ダーク<未> (1957)について”. allcinema. 2020年7月15日閲覧。

外部リンク編集