メインメニューを開く

聖護院宮嘉言親王(しょうごいんのみや よしこと しんのう)、文政4年旧1月26日1821年2月28日) - 慶応4年旧8月11日1868年9月26日))は、幕末日本皇族伏見宮邦家親王の第二王子。母は上野寿野。幼称は多嘉宮 (たかのみや)。

天保2年(1831年)に聖護院出家し、雄仁法親王と名乗った。同年、光格天皇猶子となり、天保3年(1832年)には親王宣下を受けて、嘉言と命名される。同年、京都山科の門跡寺院曼殊院に入室した。

慶応4年(1868年王政復古の大号令を契機に聖護院宮を称して還俗し、再び嘉言親王を名乗る。園城寺長吏を止められ、一品に昇叙されて、内国事務科内国事務総督となるが、直後に薨去。47歳。弟宮の智成親王が聖護院宮を継承した。

血縁編集

外部リンク編集