メインメニューを開く

鷹司 景子(たかつかさ ひろこ、文化10年11月24日1814年1月15日) - 1892年明治25年)9月28日)は、日本の皇族。伏見宮邦家親王御息所邦家親王妃景子(くにいえしんのうひ ひろこ)。

伏見宮邦家親王妃 景子
身位 親王妃
敬称 殿下
出生 1814年1月15日
日本の旗 日本・京都
死去 (1892-09-28) 1892年9月28日(78歳没)
配偶者 伏見宮邦家親王
子女 伏見宮貞教親王
則子女王
伏見宮貞愛親王
父親 鷹司政煕
テンプレートを表示

来歴編集

関白鷹司政煕の女子で、姉妹には閑院宮孝仁親王御息所の吉子仁孝天皇女御繋子(新皇嘉門院)、同じく仁孝天皇女御の祺子(新朔平門院)、将軍徳川家定御簾中任子(天親院)がいる。

天保6年(1835年)11月21日に邦家親王と結婚する。邦家親王との間には伏見宮貞教親王(伏見宮21代)、則子女王紀州藩藩主徳川茂承 御簾中)、伏見宮貞愛親王(伏見宮21・24代)などをもうけた。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第1719号、明治22年03月27日