メインメニューを開く

胡 仁源(こ じんげん)は清末民初の政治家・学者・教育者。北京政府で教育総長となった。次珊

胡仁源
Hu Renyuan.jpg
『改訂 現代支那人名鑑』(1928年)
プロフィール
出生: 1883年光緒9年)
死去: 1942年民国31年)
中華民国の旗 中華民国(国民政府)
出身地: 清の旗 浙江省湖州府(現在の呉興区
職業: 政治家・学者・教育者
各種表記
繁体字 胡仁源
簡体字 胡仁源
拼音 Hú Rényuán
和名表記: こ じんげん
発音転記: フー レンユエン
ラテン字 Hu Jen-yüan
テンプレートを表示

事跡編集

1902年光緒28年)、壬寅科挙人となる。公立京師大学堂を卒業後に海外留学し、仙台高等学校とイギリスの「待爾模大学」を卒業した。帰国後は、京師大学堂文科学長に就任する。さらに上海江南船塢工廠副総理をつとめた。

中華民国成立後の1913年民国2年)、北京大学予科学長兼工科学長となる。翌年、署理北京大学校長となり、1918年(民国7年)までその地位にあった。1924年(民国13年)、国立北京交通大学教務長に就任する。1926年(民国15年)3月、北京政府賈徳耀内閣・胡惟徳臨時内閣において教育総長をつとめた。同年5月、辞任し、国立浙江大学工学院教授に転じた。

1942年(民国31年)、病没。享年60。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
馬君武
教育総長
1926年3月 - 5月
次代:
王寵恵