胴着(どうぎ)とは、上着下着との間に着用する衣服のこと[1]

和服では長着の下、襦袢の上に着る綿入れ。洋服ではジャケットなどの上着の下、シャツなどの下着の上に着用するベストなどが該当する。衣服は大きく上着と下着とに分類されるが、胴着は元来、屋外や冬などの寒さに対して、さらに防寒や保温を目的として着用する衣服。[要出典]セーターフリーススウェットなども該当する。登山などでは、レインウェアなどを雨風を防ぐ上着とし、Tシャツなどを下着に用いるが、必要に応じてフリースなどが、上着と下着の間に着用される[2][要検証]

脚注編集

  1. ^ 広辞苑第6版
  2. ^ 南アルプスNET

関連項目編集