膳奉行(ぜんぶぎょう)は、江戸幕府における職名の1つ。将軍に供する食膳や菓子を管掌する職で、将軍が口にする食事の試食も行った。

概要編集

若年寄支配で、200俵高。城中では土圭の間に詰める。200石から350石の家格の者から選ばれ、役料200俵も支給された。人員は2人から5人で、一定していなかった[1]

台所へ食料品を供給する御賄頭(まかないがしら)や、将軍の食事調理担当の御膳所御台所頭などと食膳や菓子、将軍の好みの品などについて掛け合い、相談をする役目を負った[2]

賄方見廻役や同心番人が配下につけられており、また西の丸や二の丸にも膳奉行が置かれていた[1]

沿革編集

この職は、慶長19年(1614年)、大坂の役の折、茶臼山伊達政宗からの進言を受けた初代将軍・徳川家康が設置した[3]

寛永寛文年間の頃までは「鬼取(おにとり)役」と呼ばれていた。「おにをする」というのは「御煮嘗(おになめ)」「鬼喰(おにぐい)」とも言い、「貴人の食事を試食すること」の古い言い回しである。

元禄5年(1692年)5月に家禄300石以下の者には役料100俵、享保8年(1723年)6月には家禄の高に関わらず200俵支給と決められる。

膳奉行にはそれまで三河以来の旗本が任命されていたが、文政年間からはそれ以外の者も奉行職に就くようになった。

元治元年(1864年)に廃止され、奉行は勤仕並寄合もしくは勤仕並小普請に編入、小納戸役が膳奉行の職務を兼職することとなった。

脚注編集

  1. ^ a b 古事類苑』より。
  2. ^ 『明良帯録』より。
  3. ^ 東照宮御実紀』附録より。

参考文献編集