臨地実習(りんちじっしゅう)とは、医療従事者を目指す学生が実際に病院診療所福祉施設へ行って実践的な臨床を学習する授業の一環である。臨場実習ともいう。臨地実習の教員はその病院や診療所、福祉施設で働く本格的な医療従事者である。そのため、実際の患者を前にした治療が行われる。臨地実習が行われる病院や診療所、福祉施設は卒業生が勤務していたり、学校と提携していたりすることが多い。そのため、評価の高い学生は卒業後、採用されるケースも少なくない[要出典]。近年は、臨床実習よりこちらを採用する学校も増えている[要出典]

実施されている職種 編集

養成する学校・学部等により、呼称は異なる。

他、医療従事者の養成校で実施されている。卒業に必要な単位を取得する、必修の実習科目である。

注意すべき点 編集

患者が不快感を覚えるような容姿や言動は避けるべきであり、マナーもきちんと守る。臨床実習とは違い、本格的な医療機関、福祉施設であるため患者はおろかスタッフに対する尊敬や感謝の念を忘れてはならない。

脚注 編集