メインメニューを開く

医療従事者(いりょうじゅうじしゃ)は、医療に従事する者を指す(※雇用・契約関係の有無は問われない)。

資格を所持している者であっても、従事していない場合は医療従事者とは言えない。逆に医療に従事しているものであれば資格は問われず医療従事者と定義される


医療資格者(公的・非公的含む)と混同されるが注意が必要。

医療職・医療者・医療資格者と同じく使用されることもあるがそれぞれ完全な同義ではない。

保健・福祉・介護等従事者との境界は曖昧。


医師・歯科医師・助産師など独立業務を行う者の他に、上位者の指示の下に行為を行ったり、独立して支援を行う・メディカルがある。


狭義では近代西洋医学に携わる者を指し、広義では近代西洋医学にくわえて伝統医学や相補・代替医療に携わる者指す。


概要編集

病気や障害その他の健康課題を持った人や集団に対して、専門的知識と技術を行使し、人や集団の健康機能を最大限に発揮できる様に援助行為を行うと考えられる。

病院医院診療所薬局助産所施術所歯科技工所介護老人保健施設などの医療機関・医療関連機関[1]勤務、または開業している者が多い。


多くの場合、採用に当たっては免許資格を所有し、専門性を有していることが求められる。


医療従事者の業務は、対象者の生命身体精神の根幹に関わるものであるため、他職種に比しても特に高い専門性が要求される。

専門的知識を持っていることも大事ではあるが、それに加えて、患者の生活を支援するために患者の個性を知り患者の生活を知ることも重要で、

が嫌いでないこと ②人間としての経験を積むこと ③知識を使うことの責任を知っていること ④変化に対応し自分自身を変えてゆく能力(Capability) 

などが求められている、ともされる[2]

某医科大学の「病気を診ずして、病人を診よ」という理念になぞらえて、病をもった人の生活を支援することが仕事、と定義することもできるであろう[2]

職種編集

国家資格である資格だけでも医師歯科医師薬剤師看護師助産師保健師管理栄養士社会福祉士精神保健福祉士臨床検査技師診療放射線技師臨床工学技士歯科衛生士理学療法士作業療法士義肢装具士歯科技工士救急救命士言語聴覚士視能訓練士、等多数ある[2]

保健医療の分野では、国家資格であるあん摩マッサージ指圧師柔道整復師はり師きゅう師介護福祉士、更に多くが存在している[3]


日本における医療従事者に関連した資格・職種は厚生労働省が管轄する範囲を超えて広範に存在する。


日本における職種に関連した資格情報は「日本の医療・福祉・教育に関する資格一覧」を参照

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 総務省・経済産業省 経済センサス 単独事業所調査票(医療・福祉)
  2. ^ a b c 『医療入門 よりよいコラボレーションのために』第二章
  3. ^ 厚生労働省職業安定局 ハローワークインターネットサービス 医療・保健・福祉の職業

関連項目編集