メインメニューを開く

自衛隊鹿児島地方協力本部(じえいたいかごしまちほうきょうりょくほんぶ、Kagoshima Provincial Cooperation Office)は、鹿児島県鹿児島市東郡元町4番1号鹿児島第2地方合同庁舎1階[1]に所在する、自衛隊地方協力本部のひとつ。陸・海・空自衛隊共同の機関だが、通常は陸上自衛隊の西部方面総監の指揮監督下にある。管轄する地域における防衛省自衛隊の総合窓口として鹿児島県管内で活動する。

目次

沿革編集

  • 1954年(昭和29年)7月5日 - 陸上自衛隊の機関として陸上自衛隊鹿児島地方連絡部が編成される[2]
  • 1956年(昭和31年)8月1日 - 自衛隊法施行令の一部改正により地方連絡部が陸海空自衛隊の共同機関となり、自衛隊鹿児島地方連絡部に改編される[3]
  • 2006年(平成18年)7月31日 - 自衛隊鹿児島地方協力本部に改編される
  • 2009年(平成21年)9月 - 管内の募集所長(1等陸尉)による個人情報売却事案が発覚。

出先機関編集

  • 鹿児島募集案内所
  • 薩摩川内出張所
  • 国分地域事務所
  • 鹿屋地域事務所
  • 大隅地域事務所
  • 奄美大島駐在員事務所
  • 種子島駐在員事務所
  • 徳之島駐在員事務所
  • 知覧分駐所

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
自衛隊鹿児島地方協力本部長 1等海佐 髙岩俊弘 2018年3月30日 大湊地方総監部管理部長
歴代の自衛隊鹿児島地方連絡部長及び自衛隊鹿児島地方協力本部長
(特記ない限り1等海佐)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 一水 伝
1等陸佐
1954.7.5 - 1955.11.15 第17普通科連隊
兼 小月駐とん地司令
02 岡野寛次
2等陸佐
1955.11.16 - 1956.7.31 海田市駐とん地業務隊長
03 折田善次 1956.8.1 - 1958.1.4 海兵59期 佐世保基地警防隊司令
→1956.7.16 佐世保補充部附
第2練習隊司令
04 金栗省吾
(1等陸佐)
1958.1.5 - 1959.7.31 京都帝国大学 福岡駐とん地業務隊長心得 西部方面総監部
→1960.1.14 西部方面総監部募集課長
05 萩原行友 1959.8.1 - 1961.12.15 海機43期 大湊地方総監部総務部長 舞鶴教育隊司令
06 外山三郎 1961.12.16 - 1963.7.31 海兵66期 海上自衛隊幹部学校勤務
→1962.1.1 1等海佐昇任
海上自衛隊第1術科学校研究部長   
07 宗 重彦
(1等陸佐)
1963.8.1 - 1965.7.15 早稲田大学 自衛隊大分地方連絡部長
→1964.1.1 1等陸佐昇任
第7普通科連隊
兼 福知山駐とん地司令
08 新川 龍
(1等陸佐)
1965.7.16 - 1967.3.15 京都帝国大学 陸上自衛隊九州地区補給処副処長 自衛隊鹿児島地方連絡部付
→1967.4.21 退職
09 此元志津範
(1等陸佐)
1967.3.16 - 1969.3.16 陸士54期 防衛大学校教官
→1967.7.1 1等陸佐昇任
陸上自衛隊業務学校人事教育課長
10 久木田真之助 1969.3.17 - 1972.2.15 明治大学 佐世保地方総監部経理補給部長 佐世保地方総監部付
→1972.5.15 臨時勝連施設管理隊長
11 森園千治 1972.2.16 - 1974.3.15 海兵73期 鹿屋航空基地隊司令 大村航空隊司令
12 中釜清光 1974.3.16 - 1976.8.1 海兵75期 海上幕僚監部防衛部
教育第1課教材第1班長
第32護衛隊司令
13 志岐叡彦 1976.8.2 - 1978.1.31 海兵75期 佐世保警備隊司令 舞鶴地方総監部幕僚長
14 土岐勝彦 1978.2.1 - 1980.3.16 水産講習所
2期幹候
海上幕僚監部防衛部運用課運用班長 教育航空集団司令部幕僚長
15 田崎洋一 1980.3.17 - 1982.3.16 海保大2期・
6期幹候
海上幕僚監部防衛部防衛課編成班長 大村航空隊司令
16 柄崎節夫 1982.3.16 - 1984.7.31 東京水産大
4期幹候
海上幕僚監部防衛部 航空集団司令部付
→1984.12.3 第51航空隊司令
17 新元 力 1984.8.1 - 1986.7.31 鹿児島大学
6期幹候
呉地方総監部付 海上自衛隊幹部学校研究部員
18 平川俊郎 1986.8.1 - 1988.7.31 防大5期 第4航空隊司令 下総航空基地隊司令
19 大畑 進
(1等陸佐)
1988.8.1 - 1990.3.15 防大4期 陸上幕僚監部装備部需品課長 陸上自衛隊需品補給処副処長
20 高橋義洋
(1等陸佐)
1990.3.16 - 1992.3.31 防大9期 第3特科群
兼 湯布院駐屯地司令
統合幕僚会議事務局第1幕僚室
総務運営調整官 兼総務班長
21 吉原征義 1992.4.1 - 1994.3.31 防大11期 海上幕僚監部防衛部分析室長 教育航空集団司令部幕僚長
22 坪屋成壮 1994.4.1 - 1996.3.24 防大10期 海上自衛隊潜水医学実験隊副長
兼 教育訓練部長
統合幕僚学校主任教官
23 小森谷義男 1996.3.25 - 1998.8.2 防大12期 第36護衛隊司令 第1掃海隊群司令
24 中塚久雄 1998.8.3 - 2000.6.29 防大18期 第2護衛隊司令 自衛艦隊司令部後方主任幕僚
25 森 哲郎 2000.6.30 - 2002.7.31 防大17期 第21航空群司令部首席幕僚 防衛大学校教授                               
26 乳井三治 2002.8.1 - 2004.8.1 防大20期 海上幕僚監部防衛部防衛課分析室長 潜水艦教育訓練隊司令
27 福本 出 2004.8.2 - 2006.8.3 防大23期 海上幕僚監部防衛部防衛課分析室長 掃海隊群司令部幕僚長
28 佐藤俊也 2006.8.4 - 2008.7.31 防大27期 第2潜水隊司令 潜水艦隊司令部訓練幕僚
29 村上良宏 2008.8.1 - 2010.8.1 防大29期 第3航空隊司令 海上幕僚監部装備部装備需品課勤務
30 福永賢太郎 2010.8.2 - 2012.3.22 防大29期 統合幕僚学校教育課教務班長 佐世保地方総監部管理部勤務
31 内野 誠 2012.3.23 - 2014.3.25 福岡大学
36期幹候
第5整備補給隊司令 海上自衛隊航空補給処勤務
32 深谷克郎 2014.3.26 - 2016.3.24 広島大学
37期幹候
第1潜水隊司令 舞鶴教育隊司令
33 敷嶋 章 2016.3.25 - 2018.3.29 防大32期 第61航空隊司令 海上自衛隊幹部学校運用教育研究部
図演装置運用課長
34 髙岩俊弘 2018.3.30 - 防大36期 大湊地方総監部管理部長


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 自衛隊年鑑2009 ISBN 978-4-938467-20-3
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和二十九年政令第百七十九号)『官報』昭和29年6月30日(号外第63号)
  3. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和31年 6月14日政令第180号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年6月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集