舩田クラーセンさやか

舩田クラーセン さやか(ふなだクラーセン さやか、Sayaka Funada-Classen)は、日本アフリカ研究者。専門はアフリカモザンビーク地域研究紛争・平和研究

東京外国語大学准教授博士(国際関係学)

学歴編集

職歴編集

研究業績編集

  • 『モザンビーク解放闘争史〜「統一」と「分裂」の起源を求めて』御茶の水書房(2007年)
  • 「アフリカと「国際秩序」—草の根の視点から―」毛利勝彦(編)『環境と開発 のグローバ ル秩序(仮題)』東信堂 2008年
  • 「紛争後モザンビーク社会の課題〜村に戻らない人々」池谷和信武内進一佐藤廉也(共編)『アフリカII』朝倉書店 2008年
  • 山田肖子(編)『アフリカのいまを知ろう』ジュニア岩波新書 2008年
  • 「アフリカ貧困とその解決に向けて」小林正弥上村雄彦(共編)『世界の貧困問題をいかに解決できるか「ホワイトバンド」の取り組みを事例として』現代図書 2007年
  • 「アフリカにおける『エスニック紛争』〜モザンビーク北部におけるエスニック集団形成過程を通じての考察」北川隆吉(編)『地域研究の課題と方法(実 証編)』文化書房博文社 2006年
  • 「東チモールとポルトガル語諸国」『東チモールを知る50章』明石書店 2006年