良心市(りょうしんいち)は、農業を生業としていることの多い地方において設置される、無人販売所の名称(通称)である。高知県でこの名称が使用される例が見られる[1][2]

なお、販売員が常駐する一般の農産物直売所において「良心市」という名称を使用するケースも存在するが[3]、本記事では無人販売所としての良心市について説明する。

概要編集

店員は不在であり、客は空き缶などの所定の位置に購入する品物の代金を入れ、品物を持ち帰るシステムである[1]。起源は明確ではないが、貨幣経済が浸透することが必要であるため、農業史の中では比較的新しいのではないかとみられている[1]。この名称が広く見られる高知県においては、春野町でこの種の店舗が太平洋戦争前から存在していた[1]。ただし、「出し売り」や「ダンマリ」といった名称を使用していた地域もあり、「良心市」という名称は『高知県百科事典』(高知新聞社、1976年)においては旧東津野村でこの呼び名を早くから使用していたという記述があるものの、一般に広まったのはさらに最近と推定されている[1]

呼び名の由来編集

無人店舗であることから、代金を支払わずに品物だけ持ち去られるリスクを伴う。その販売方式上、代金を支払って品物を購入するか、支払わずに品物を持ち去るかの選択が購買者本人の良心に委ねられていることから「良心市」の通称で呼ばれる。

取扱品目編集

良心市で取り扱っている商品は野菜果物が圧倒的に多い。次いで多いのがなど。地域の特徴が出やすく、茶葉を売っている場合もある。

珍しい例では食肉牛乳など[4]を取り扱っている店舗もある。

備考編集

良心市はその特性上、無人店舗の形態となるが、店によっては監視カメラ(隠しカメラを含む)を設置するなどして防犯対策を採っている店もある。また、「遠くから望遠鏡で監視している」という都市伝説もある[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 2.良心市 - こうちミュージアムネットワーク「歴史万華鏡」(初出は高知市広報『あかるいまち』2012年3月号)
  2. ^ 「香北良心市」
  3. ^ 良心市たかせ - 中国四国農政局
  4. ^ 敷地内に冷蔵庫が用意してあり、その中に入れて冷やしてある。
  5. ^ 監視カメラなどの防犯対策システムが一般的ではなかった時代によく行なわれていたとの説が在る。

関連項目編集