良遍 (法相宗)

良遍(りょうへん、建久5年(1194年) - 建長4年8月28日1252年10月3日))は、鎌倉時代前期の法相宗。俗姓は藤原氏。字は蓮阿。三位已講・生駒僧都とも称される。

良遍
1194年 - 1252年
宗派 法相宗
寺院 生駒竹林寺
著作 『観心覚夢鈔』
『法相二巻抄』ほか

奈良興福寺で法相教学を学び、法印・権大僧都に任じられた。覚盛から戒を受け、戒律の復興に尽力した。生駒竹林寺の住持となり、東大寺知足院を復興している。

文献編集

  • 鎌田茂雄校注 「法相二巻抄」-『日本思想大系15 鎌倉旧仏教』(岩波書店 初版1971年、新装版1995年)に所収。
  • 太田久紀訳著 『観心覚夢鈔 <佛典講座42>』(大蔵出版 1981年 新装版2001年)
  • 竹村牧男 『唯識のこころ 「観心覚夢鈔」を読む』(<新興福寺仏教文化講座4>春秋社 2001年)
  • 横山紘一 『唯識とは何か 「法相二巻抄」を読む』(春秋社、1996年、2001年、増補版2005年)
  • 北畠典生 『日本中世の唯識思想』 <龍谷大学仏教文化研究叢書7>(永田文昌堂 1997年)
    • 同 『「観念発心肝要集」の研究』 (永田文昌堂 1994年)
    • 同 『「信願上人小章集」 の研究』(永田文昌堂 1987年、重版89年)
  • 山崎慶輝 『大乗伝通要録講読』(永田文昌堂 1964年)