メインメニューを開く

花つみ日記』(はなつみにっき)は、吉屋信子原作の1939年日本映画である。大阪宗右衛門町を舞台に、花街の置屋の娘栄子(高峰秀子)と、東京からの転校生みつる(清水美佐子)との友情の物語。

花つみ日記
監督 石田民三
脚本 鈴木紀子
原作 吉屋信子
製作 青柳信雄
出演者 高峰秀子葦原邦子進藤英太郎
音楽 鈴木静一
撮影 山崎一雄
配給 東宝映画
公開 1939年10月21日
上映時間 73分
テンプレートを表示

あらすじ編集

宗右衛門町の置屋の娘、篠原栄子(高峰秀子)の通う女学校に、佐田みつる(清水美佐子)が東京から転校してくる。ふたりはすぐに友達になるが、憧れの梶山先生(葦原邦子)をめぐって不仲になってしまう。まもなく栄子は、学校を辞めて舞妓として働くことになる。そんな折、梶山先生から、みつるの兄が招集されることを聞いた栄子は、千人針への刺繍を道行く人に求め、病気を押しながら街頭に立つ。

キャスト編集

スタッフ編集

ロケ地編集

大阪の各所でロケが行われ、のちの大阪大空襲でそのほとんどが焼失する戦前の大阪の町並み、建物などが映像に残されている。

  • 女学校…ウヰルミナ女学校(現・大阪女学院
  • 教会…玉造カトリック教会
  • 篠原栄子の家…宗右衛門町の富田屋
  • 石段のある道…生國魂神社の北側参道
  • 大阪城が見える橋…桜宮橋(銀橋)
  • 西信貴ケーブル
  • 道頓堀の戎橋

外部リンク編集