花房英樹 (漢文学者)

花房 英樹(はなふさ えいじゅ/ひでき、1914年[1] - 1998年1月9日)は、日本の漢文学者。京都府立大学名誉教授。

広島文理科大学大学院修了。1961年「白氏文集の批判的研究」で広島大学文学博士。1949年西京大学助教授、校名変更で京都府立大学教授、学部長、停年、名誉教授、京都産業大学教授、図書館長。85年退職。

著書編集

  • 李白歌詩索引』京都大学人文科学研究所 1957 
    • 『唐代研究のしおり』同朋舎出版 1985
  • 『白氏文集の批判的研究』中村印刷出版部 1960、朋友書店 1974
  • 韓愈歌詩索引』京都府立大学人文学会 1964、朋友書店 1992(編・解説)
  • 白居易研究』世界思想社 1971、新装版1990
  • 『白楽天』清水書院 Century books・人と思想 1990、新装版2016

翻訳・注解編集

参考編集

編集

  1. ^ 国会図書館では1915年生となっている。