メインメニューを開く

来歴・人物編集

経済学者デイヴィッド・フレデリック・シュロスの息子としてイングランドケント州タンブリッジウェルズに生まれる。本名アーサー・デイヴィッド・シュロスArthur David Schloss)。生家はロスチャイルド家に連なるユダヤ人の名門。

ラグビー校を経て1907年ケンブリッジ大学キングズコレッジに入学。古典学を専攻し、1910年に優秀な成績で卒業するも、病気療養のため進学を断念[注 1]。 その後の1913年より大英博物館に学芸員として勤務する。1914年、第一次世界大戦が勃発し、「シュロス」という名がドイツ系であることなどから警察によりスパイとの嫌疑をかけられたことがあり、アーサーの提案により母の旧姓である英語的なウェイリーに改姓した[1]

当時、古典日本語の辞書を含む資料等が入手困難な時代に日本語と古典中国語を独学で習得するなど、語学の才能を大いに示した。さらに、数々の翻訳を行なった。特に1921年~1933年に6巻に分けて出版された『The Tale of Genji』(『源氏物語』)の翻訳者として知られる。同書は『タイムズ』紙文芸付録で詳細な批評が掲載されるなど多大な影響を及ぼし、日本文学研究およびその後の翻訳ブームの火付け役とされる。今でも『The Tale of Genji』は英語圏で読まれており、ウェイリーは日本語古典および中国語古典研究の権威とされている。

人となり編集

天才型の奇人であった。ラフカディオ・ハーンを「日本を理解していない」と批判し、阿倍仲麻呂和歌について漢文で書かれた後に和歌に翻訳された可能性を指摘するなど、東アジアの古典語に通じていたが、現代日本語は操れなかった[注 2]。イギリスから叙勲された際に喜んだ形跡がなかったことから、名誉にも無頓着であったと思われる。なお、来日しなかったのは「日本に幻滅したくなかったからだ」との憶測が語られているが、単に長旅が嫌いだったとの関係者の証言がある。また、ウェイリーが訳した『老子道徳経』の第四十七章には「戸を出でずして天下を知り、窓を窺わずして、天道を見る」との一節があり、自ら訳した老子道徳経を実践したのかもしれない。墓所はロンドンのハイゲイト墓地

『源氏物語』編集

アーサー・ウェイリー訳は世界初の英語全訳であり、詩的で美しい英語といわれ、出版されるとたちまちベストセラーとなった(ただし数ページの第38帖「鈴虫」は訳出していない)。「ここにあるのは天才の作品」「忘れられた文明が(……)いずこでも追従をゆるさない配列の美しさをもって蘇ってくる」「日本の黄金時代の古典 東洋最高の長編小説」等々、「タイムズ」誌などで絶賛された。またその訳文は「感情の優雅さと純粋な言葉の巧みさのどれだけが紫式部(レディ・ムラサキ)のもので、どれだけ翻訳者のものかわからない」と英文学としても高く評価された。「現代作家でもここまで心情を描ける作家はいない」と絶賛するなど、現在世界的に紫式部の評価が高いのは、紹介したウェイリーの功績と言える。また同書に触発され、日本研究を志し大成したドナルド・キーンなどの日本学者も多い。更に源氏物語を起点に他のウェイリーの訳著『The 'No' Plays of Japan』を読み、初めて〈〉に興味を持った人も多く、日本文化に対するその後の国際的評価の高まりを考えるに、直接のみならず間接を含む影響は極めて大きい。なお『The Tale of Genji』はその後、イタリア語ドイツ語フランス語などに二次翻訳された。現在でも在日外国人記者などが、来日前に上司に薦められる書とも言われ、日本の歴史伝統を理解するための必読書とされる。

影響編集

ドナルド・キーンはウェイリー訳の『The Tale of Genji』を読み「『源氏物語』がもたらした光明が忘れられぬ」、「源氏物語の英訳(全訳)は米国人のサイデンステッカー訳など四種類あるが、ウェイリーが最高」とインタヴューで答えている。その他、日本研究家・中国研究家、翻訳家、文壇、文化人らに多数影響を与えた。音楽の世界においてはビートルズのメンバー(当時)だったジョージ・ハリスンの「The Inner Light」はウェイリー訳『老子道徳経』の一節(第四七章)から引用された、との指摘もある。また、他の音楽家においても、コンスタント・ランバート李白の詩を元に作曲し、マーチン・ダルビーがウェイリー訳に基づいて中国(風の)曲を作曲した。直接か間接的な影響かは不明ながらコーネリアス・カーデュー孔子の詩に曲付けを試みるなど、世代に関係なく様々な影響を西洋にもたらしたとされ、「ウェイリー版源氏物語」を愛読した人物として、ユルスナールレヴィ=ストロースエドワード・ゴーリーバルテュスなどが知られている。

研究対象としてのウェイリー編集

ウェイリーの翻訳が多数の西洋人の心を掴んだ事から、比較文学の研究対象とされ、源氏物語の原典とウェイリー訳の加筆・省略・表現などを比較考察した研究もある。また、様々なウェイリー自身の伝記論考もある。戦後も日本からロンドンへ研究留学に来た国文学者東洋学[注 3]とも交流があった。

またウェイリーは「ブルームズベリー・グループ」の一員で、女性関係が複雑で、その生涯も興味の対象となっている。特に人妻で、晩年結婚したアリスンと、謎めいた女ベリルとの三角関係は、ウェイリー没後に出された、アリスン・ウェイリー『ブルームズベリーの恋』(井原真理子訳、河出書房新社、1992年)[注 4]に詳しい。

著作編集

『The Tale of Genji』以外にも、1919年に『Japanese Poetry The 'Uta'』(和歌集で万葉集古今和歌集ほか)、1921年に『The 'No' Plays of Japan』(敦盛ほかの〈謡曲集〉、新版が2009年2月にチャールズ・イー・タトル出版で刊行)、1928年に『The Pillow Book of Sei Shonagon』(清少納言枕草子)他多数の英訳。

古典中国文学では『The Book of Songs』(詩経)、『The Way and Its Power』(老子道徳経)、『The Analects of Confucius』(孔子論語)、『Monkey』(西遊記、1993年に講談社英語文庫)、『The Poetry and Career of Li Po』(李白 詩と人生)他多数を英訳出版した。以下が邦訳。

日本語文献編集

評伝研究編集

  • 平川祐弘 『アーサー・ウェイリー 「源氏物語」の翻訳者』(白水社、2008年)
    • 平川祐弘 『袁枚 「日曜日の世紀」の一詩人』(沖積舎、2004年)、ウェイリー英訳の解説小著
  • 宮本昭三郎 『源氏物語に魅せられた男 アーサー・ウェイリー伝』(新潮社新潮選書〉、1993年)
  • 安達静子 『海を渡った光源氏 ウェイリー『源氏物語』と出会う』(紅書房、2014年)
  • 津島知明 『ウェイリーと読む枕草子』(鼎書房、2005年)、解説書

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平川祐弘『アーサー・ウェイリー「源氏物語」の翻訳者』によれば、「卒業試験の際、初歩的な誤りをして、大学に残るという望みは断たれた」という。
  2. ^ 直接会ったことのあるドナルド・キーンは『わたしの日本語修行』(白水社p.168f)で「日本の古文、文語を詠めるようになるには三か月あればいい、三か月で誰にでもできるはずだ」と書いていることを紹介し、日本語も中国語も自由に読めるが話すことはできなかったと話している。ただ、「日本語は、話せないというより、決して話そうとしなかったという印象です」だと答えている。
  3. ^ 川口久雄 『敦煌よりの風6 敦煌に行き交う人々』(明治書院、2001年)「第1章」に、詳しい研究回想がある。
  4. ^ なお評伝を著した宮本昭三郎は、『源氏物語に魅せられた男 アーサー・ウェイリー伝』のあとがきで、アリスンの著作はフィクション色が強く、参照は必要最小限しか行なわなかったと述べている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 宮本昭三郎 『源氏物語に魅せられた男』 新潮社、1993年。ISBN 4106004348