メインメニューを開く

芸藩通志(げいはんつうし)は、頼杏坪加藤棕盧(株鷹)、頼舜燾黒川方桝津村聖山吉田吉甫正岡元翼によって著作・編纂された安芸国広島藩の地誌で、文政8年(1825年)に完成した。

成立編集

1663年広島藩の作成した地誌『芸備国郡志』(黒川道祐編纂[1])を改訂し、内容を増補するために、1818年から再調査や資料の整理等の調査事業を開始して、最終的に1825年に完成を見た。全159巻。江戸時代以前の安芸国と備後半国(浅野氏の領国)の地理や文化、歴史を知る一級の資料となっている。主たる著者の頼杏坪は頼山陽の叔父である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ レファレンス事例詳細(Detail of reference example) - レファレンス協同データベース

関連項目編集

外部リンク編集