苅部 清兵衛(かるべ せいべえ)は、東海道五十三次の4番目の宿場保土ヶ谷宿本陣名主問屋の三役を務めた苅部家(軽部家)歴代当主が襲名した名跡である。

概要編集

1601年(慶長6年)、初代苅部清兵衛が徳川家康より、保土ヶ谷宿本陣名主問屋の三役を拝命、1870年(明治3年)に本陣が廃止となるまでの約270年11代にわたり三役を務め、歴代当主が苅部清兵衛を名乗ってきた。

保土ヶ谷本陣・苅部氏の祖先は後北条氏の家臣で、武蔵国・鉢形城の城代家老を務めていた苅部豊前守康則。
1590年(天正18年)北条家が豊臣秀吉に敗れた時に、康則の子・苅部出羽守吉里も戦死、吉里の子・吉重は先祖の菩提を弔うため信州の善光寺に止まるが、1601年(慶長6年)吉重の二男である初代苅部清兵衛が幕府の命で先祖の領地・保土ヶ谷に戻され、保土ヶ谷宿の三役を拝命される。吉重の室、妙秀尼は樹源寺を開いている。

1705年(宝永2年)には、6代清兵衛の娘に豪商・紀伊国屋文左衛門の二男を入り婿に迎え(7代目清兵衛吉一)、その持参金で本陣の借財の返済に充てたと言われている。[1]8代清兵衛悦相は若くして三役を引き継ぎ、天明8年(1788年)には、幕府から60年余りの勤続を表彰され、苗字帯刀を許された。

10代当主・苅部清兵衛悦甫は初代横浜総年寄(今の中区本町、南仲通、北仲通、弁天通、海岸通)を任命され町の行政を担い、安政6年(1859年)の横浜港開港、横浜道の開発、今井川(帷子川の支流)の改修等に大きな役割を果たし、貿易歩合金制度(貿易商人から売上金の一部を徴収)を導入して、横浜町の財政基盤を確立、吉田勘兵衛高島嘉右衛門とともに横浜三名士といわれた。

明治元年の明治天皇東幸時に姓を「苅部」から「軽部」に改称、現在も同地に居住している。11代清兵衛悦巽も、保土ヶ谷宿の三役と横浜総年寄を務めた。清兵衛の孫娘・タマは、昭和天皇乳母をつとめている。[2]


参考文献編集

  • 「有鄰」第465号(平成18年8月10日) http://www.yurindo.co.jp/static/yurin/back/yurin_465/yurin.html
  • 竹内誠 えど友第68号「紀伊国屋文左衛門の実像」(江戸東京博物館)
  • 横浜市歴史博物館企画展「東海道保土ヶ谷宿」(2011年10月1日・横浜市歴史博物館)
  • 泉 秀樹「東海道五十三次おもしろ探訪―一宿一話で読む歴史雑学の旅」(PHP文庫)

脚注編集

  1. ^ 竹内誠 えど友第68号「紀伊国屋文左衛門の実像」(江戸東京博物館)
  2. ^ 泉 秀樹「東海道五十三次おもしろ探訪―一宿一話で読む歴史雑学の旅」④保土ヶ谷 (PHP文庫)