若宮 秀雄(わかみや ひでお、1946年 - )は、東京都出身の元アマチュア野球選手。ポジションは投手

若宮 秀雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1946年
身長
体重
180 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

日大三高では、エースとして1年下の石塚雅二とバッテリーを組み1963年の秋季東京大会に優勝、翌1964年春の選抜への出場を決める。選抜では2回戦(初戦)で浪商に敗退[1]。同年夏の甲子園都予選は6回戦で修徳高に敗退。高校同期に遊撃手大橋穣外野手小松時男がいた。

小松とともに日本大学に進学。東都大学野球リーグでは1966年春季リーグで優勝を経験。しかしその後はチームが低迷、1967年秋季リーグでは二部に陥落する。大学の1年上に森内一忠、1年下に佐藤道郎と好投手がおり、あまり活躍の場はなかった。

卒業後は社会人野球電電関東に進む。1969年都市対抗に佐藤文夫とバッテリーを組み出場。佐藤昭(日本通運から補強)との二本柱で勝ち進む。2回戦(初戦)でデュプロ印刷機を完封、その後も全試合に登板し決勝に進む。決勝は6回裏降雨ノーゲームとなり、翌日の再試合は佐藤昭と富士重工業の左腕エース石幡信弘との投手戦となる。8回から佐藤をリリーフし9回裏に逆転サヨナラ勝ち、初優勝を飾った[2]。同大会の橋戸賞を獲得。その後も1971年まで都市対抗に連続出場[2]

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集