メインメニューを開く

全国高等学校野球選手権東京大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんとうきょうたいかい)は、1973年の第55回大会まで東京都高等学校野球連盟が主催して行われた全国高等学校野球選手権大会東京都予選。

1974年の56回大会からは全国高等学校野球選手権東東京大会全国高等学校野球選手権西東京大会に分割され、現在も東西分割の状態は続いている。単独都道府県大会では本州において唯一消滅した大会である。

概要・歴史編集

当時の東京府(現・東京都)の中等学校は1915年の第1回大会から全国中等学校優勝野球大会に参加していたが名目上は神奈川県や当時の東京府などの関東地方7府県が対象の予選である関東大会への参加であったため東京大会は存在していなかった。その後、第4回大会において神奈川県と共に関東大会から独立して京浜大会を編成。そして第9回大会から神奈川県が東海大会から分離した静岡県と神静大会を編成したのを機に、正式に1府1代表の東京大会として独立した。但し、第1回大会の予選については日程の都合により関東大会は開催されず、同年3月の都下中学野球優勝戦(春季東京大会)の優勝校(早稲田実)をそのまま関東地区代表として全国大会へ出場させており、関東地方の他県は予選に一切参加していない。

東京大会は回を重ねるごとに参加校が増え、1970年代頃には160校以上のマンモス大会となり、全47都道府県において一番狭き門と化していた。そこで日本高等学校野球連盟は東京大会を東西に分け、1959年の第41回大会以降既に面積が広大な為に南北に分割されていた北海道勢と同様に、2代表選出にすることに決めた。これが実現したのは1974年の第56回大会からであり、単独での東京大会は1973年の第55回記念大会限りで消滅している。

歴代代表校編集

年度 都勢参加 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会
都下中学野球優勝戦
1915年(第1回大会 8校 早稲田実(初出場) 8-5 荏原中 ベスト4
関東大会
1916年(第2回大会 13校 慶應普通部(初出場) 13-9 早稲田実 優勝
1917年(第3回大会 11校 慶應普通部(2年連続2回目) 2-0 横浜商 ベスト8
京浜大会
1918年(第4回大会 13校 慶應普通部(3年連続3回目) 4-1 横浜商 (中止)
1919年(第5回大会 12校 慶應普通部(4年連続4回目) 6-4 早稲田実 ベスト8
1920年(第6回大会 12校 慶應普通部(5年連続5回目) 9-6 横浜商 準優勝
1921年(第7回大会 12校 慶應普通部(6年連続6回目) 2-0 東高師付中 2回戦(初戦)
1922年(第8回大会 6校 早稲田実(7年ぶり2回目) 6-0 横浜貿易 1回戦
東京大会
1923年(第9回大会 7校 早稲田実(2年連続3回目) リーグ戦 ベスト8
1924年(第10回大会 7校 早稲田実(3年連続4回目) リーグ戦 2回戦(初戦)
1925年(第11回大会 11校 早稲田実(4年連続5回目) 6-2 目白中 準優勝
1926年(第12回大会 12校 早稲田実(5年連続6回目) 14-1 慶應商工 2回戦
1927年(第13回大会 11校 早稲田実(6年連続7回目) 8-2 麻布中 ベスト8
1928年(第14回大会 8校 早稲田実(7年連続8回目) 8-0 早稲田中 1回戦
1929年(第15回大会 8校 慶應商工(初出場) 8-4 慶應普通部 2回戦(初戦)
1930年(第16回大会 17校 慶應普通部(9年ぶり7回目) 2-0 早稲田実 1回戦
1931年(第17回大会 33校 早稲田実(3年ぶり9回目) 7-0 明治学院中 1回戦
1932年(第18回大会 39校 早稲田実(2年連続10回目) 10-2 慶應商工 ベスト8
1933年(第19回大会 41校 慶應商工(4年ぶり2回目) 3-0 日大三中 1回戦
1934年(第20回大会 48校 早稲田実(2年ぶり11回目) 8-2 日大三中 1回戦
1935年(第21回大会 48校 早稲田実(2年連続12回目) 7-2 日大三中 ベスト4
1936年(第22回大会 49校 早稲田実(3年連続13回目) 28-5 日大中 1回戦
1937年(第23回大会 50校 慶應商工(4年ぶり3回目) 10-2 目白商 2回戦
1938年(第24回大会 52校 日大三中(初出場) 4-2 慶應商工 1回戦
1939年(第25回大会 52校 帝京商(辞退) 9-6 日大三中(辞退) -
代替出場・早稲田実(3年ぶり14回目) ベスト8
1940年(第26回大会 60校 日大三中(2年ぶり2回目) 5x-4 豊島師範 ベスト8
1941年(第27回大会 52校 帝京商(出場なし) 14-0 京王商 (中止)
1946年(第28回大会 52校 東高師付中(初出場) 3-2 都一中 ベスト4
1947年(第29回大会 95校 慶應商工(10年ぶり4回目) 5-3 東高師付中 2回戦(初戦)
1948年(第30回大会 104校 慶應(2年連続12回目) 4-2 明治 2回戦(初戦)
1949年(第31回大会 101校 慶應(3年連続13回目) 9-0 都八 1回戦
1950年(第32回大会 113校 明治(初出場) 7-0 早稲田実 2回戦(初戦)
1951年(第33回大会 120校 早稲田実(12年ぶり15回目) 3-2 荏原 1回戦
1952年(第34回大会 119校 日大三(12年ぶり3回目) 13-0 立教 ベスト8
1953年(第35回大会 117校 明治(3年ぶり2回目) 1x-0 荏原 ベスト4
1954年(第36回大会 117校 早稲田実(3年ぶり16回目) 7-0 荏原 ベスト8
1955年(第37回大会 119校 日大三(3年ぶり4回目) 8-1 日大二 ベスト8
1956年(第38回大会 124校 早稲田実(2年ぶり17回目) 13-1 成蹊 2回戦
1957年(第39回大会 134校 早稲田実(2年連続18回目) 11-0 日大一 ベスト8
1958年(第40回大会 140校 明治(5年ぶり3回目) 6x-5 早稲田実 2回戦
1959年(第41回大会 145校 日大二(初出場) 7-2 荏原 ベスト8
1960年(第42回大会 155校 早稲田実(3年ぶり19回目) 4-0 法政一 ベスト8
1961年(第43回大会 158校 法政一(初出場) 2-1 帝京商 1回戦
1962年(第44回大会 158校 日大三(7年ぶり5回目) 2-0 修徳 ベスト8
1963年(第45回大会 161校 日大一(初出場) 4-1 明大中野 1回戦
1964年(第46回大会 168校 修徳(初出場) 5-1 早稲田実 2回戦(初戦)
1965年(第47回大会 165校 日大二(6年ぶり2回目) 2-0 日大三 2回戦
1966年(第48回大会 167校 修徳(2年ぶり2回目) 9-7 日大三 1回戦
1967年(第49回大会 167校 堀越(初出場) 7-1 帝京商工 1回戦
1968年(第50回大会 166校 日大一(5年ぶり2回目) 15-3 国士舘 2回戦(初戦)
1969年(第51回大会 163校 日大一(2年連続3回目) 8-0 聖橋 2回戦
1970年(第52回大会 163校 日大一(3年連続4回目) 2-0 早稲田実 2回戦
1971年(第53回大会 162校 日大一(4年連続5回目) 12-2 二松学舎大付 2回戦(初戦)
1972年(第54回大会 163校 日大桜丘(初出場) 5-1 佼成学園 1回戦
1973年(第55回大会 170校 日大一(2年ぶり6回目) 5-1 早稲田実 1回戦

関連項目編集