メインメニューを開く
若山勿堂墓(六本木霊園)

若山 勿堂(わかやま ぶつどう、享和2年(1802年) - 慶応3年7月16日1867年8月15日))は、江戸時代の儒者、兵学者。

生涯編集

享和2年(1802年)、阿波国徳島城下の鰻屋に生まれる。名は、通称は壮吉
18歳の時に江戸に至り、昌平坂学問所塾頭を務めた佐藤一斎儒学を学び、のちに「一斎門下の十哲」と称される。
また、幕府講武所頭取を務めた兵学者・窪田清音から山鹿流兵学を学ぶ。

天保年間になって、一斎の推薦により美濃国岩村藩の藩主・松平乗喬に招かれ、藩校・知新館の儒員に任じられ、藩士の子弟を指導する。
文久3年(1863年)には幕府に仕えて、昌平黌の儒官となった。昌平黌のみならず松代藩の要請で講義も行い、佐久間象山が「勿堂記」を残している。[1]

儒学のみならず、兵学でも重要な実績を残している。甲州流軍学越後流長沼流を兼修した兵学の重鎮・窪田清音門人の英才である勿堂の山鹿流は、赤穂山鹿流の正統な伝系を継いでおり、勝海舟板垣退助土方久元佐々木高行谷干城ら幕末、明治に活躍した逸材が輩出された。[2]

*『赤穂山鹿流伝系』  山鹿素行大石良重菅谷政利→太田利貞→岡野禎淑→清水時庸→黒野義方→窪田清音若山勿堂勝海舟[3]

慶応3年(1867年)7月16日、66歳で死去。

著作に「論語私記」などがある。

脚注編集

  1. ^ 『佐藤一斎と其の門人』第九章
  2. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』十一章
  3. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』P173~175

参考文献編集

  • 石岡久夫「兵法者の生活」(雄山閣出版
  • 石岡久夫「山鹿素行兵法学の史的研究」(玉川大学)
  • 風間健「武士道教育総論」(壮神社)
  • 高瀬代次郎「佐藤一斎と其の門人」(南陽堂書店)
  • 眞壁仁「徳川後期の学問と政治: 昌平坂学問所儒者と幕末外交変容」(名古屋大学出版会)
  • 伊藤信「濃飛文教史: 先哲の業績を主としたる」