茂内駅

日本の秋田県大館市にあった小坂製錬の駅(廃駅)

茂内駅(しげないえき)は、かつて秋田県大館市雪沢字茂内にあった小坂製錬小坂線貨物駅廃駅)である。2014年4月以降大館市の所有になる。

茂内駅
Kosaka Railway Shigenai Station.jpg
駅舎(1989年8月)
しげない
Shigenai
所在地 秋田県大館市雪沢字茂内屋布5-1
北緯40度17分29.28秒 東経140度41分21.16秒 / 北緯40.2914667度 東経140.6892111度 / 40.2914667; 140.6892111 (茂内駅跡)座標: 北緯40度17分29.28秒 東経140度41分21.16秒 / 北緯40.2914667度 東経140.6892111度 / 40.2914667; 140.6892111 (茂内駅跡)
所属事業者 小坂製錬
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1909年(明治42年)5月7日
廃止年月日 2009年(平成21年)4月1日
乗入路線
所属路線 小坂線(本線)
キロ程 13.9 km(大館起点)
深沢 (1.2 km)
(1.8 km) 篭谷
所属路線 小坂線(長木沢支線)
キロ程 0.0 km(茂内起点)
(3.8 km) 長木沢
備考 小坂線の貨物輸送廃止により廃駅
テンプレートを表示

駅概要編集

貨物駅であったが当駅で取り扱う貨物は存在せず、閉塞区間の境界となる信号場としてのみ機能し、日本国内でも希少な通過中のタブレット授受が行われていた。また当駅と小坂駅との間は急勾配があり、上り列車に連結される補助機関車を解放する駅にもなっていた。そのほか、日本で最後まで腕木式の通過信号機が現役で使われていた。

かつては旅客営業も行っており、その名残で島式ホーム1面2線と単式ホーム1面1線が残っていた。

歴史編集

隣の駅編集

廃線時編集

小坂製錬小坂線
深沢駅 - 茂内駅 - 篭谷駅
小坂鉄道小坂線長木沢支線(1951年廃止)
茂内駅 - 長木沢駅

脚注編集

  1. ^ “旧小坂鉄道敷地 大館市の所有に 4月1日付DOWAと寄付契約”. 北鹿新聞. (2014年3月20日) 

関連項目編集