メインメニューを開く

来歴・人物編集

北樺太生まれ。ハルピン学院在学中に終戦を迎える。東京外事専門学校中退。

1967年小濱新次(のち衆議院議員)の後継として横浜市議会議員(西区選挙区)に立候補するも落選した。次の1971年横浜市議会議員選挙で当選し、公明党神奈川県民運動本部長として米空母の横須賀母港化反対闘争、核軍縮・平和推進運動などで活躍[1](1期のみ。後継は服部信吾(のち参議院議員))。1976年第34回衆議院議員総選挙神奈川4区から立候補して初当選。6期務めた。

1981年、公明党第39回中央委員会で沼川洋一熊本県議会議員と副議長を務める[2]

1986年矢野絢也公明党委員長の下、国民運動本部長に就任[3]

1993年第40回衆議院議員総選挙には出馬せず、政界引退。

2009年1月15日、下咽頭がんのため東京都中央区の病院で死去[4]。享年80。

元秘書編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成2年2月18日執行衆議院議員総選挙神奈川第4区選挙区選挙公報(神奈川県選挙管理委員会)
  2. ^ 法政大学大原社研 1981年公明党第三九回中央委員会
  3. ^ 法政大学大原社研 1986年公明党第二四回全国大会
  4. ^ 草野威氏死去

参考文献編集

関連項目編集

  • 上田晃弘-元公明党衆議院議員。神奈川4区の後継者。


議会
先代:
渡辺省一
  衆議院決算委員長
1991年 - 1992年
次代:
貝沼次郎