荒川 昭夫(あらかわ あきお, 1927年7月20日 - 2021年3月21日))は、日本の気象学者である。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で大気の循環モデルを開発したことで知られる。

荒川 昭夫
生誕 (1927-07-20) 1927年7月20日
日本の旗 日本
死没 (2021-03-21) 2021年3月21日(93歳没)
研究分野 気象学
研究機関 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
出身校 東京大学
主な業績 数値モデルによる大気大循環の研究
主な受賞歴 藤原賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

東京大学で物理学を学び、1950年に卒業、1961年に博士号を得た。気象庁の研究員となり、渡米しUCLAで研究した。1963年に日本に戻ったが、再度渡米し、1965年からUCLAの研究員となった[1]。UCLAの名誉教授を務めている。

1963年に日本気象学会賞を受賞し、1977年アメリカ気象学会からカール=グスタフ・ロスビー研究賞を受賞した。1991年に日本気象学会藤原賞を「数値モデルによる大気大循環の研究」により受賞。

出典編集

  1. ^ Mintz and Arakawa in "The UCLA Dept. of Meteorology"