荒川水管橋(あらかわすいかんきょう)は、埼玉県荒川と、その南側に並行する和田吉野川に架かる水管橋である。全長は1100 mあまりで、日本最長の水管橋として知られる[3]

荒川水管橋
Konosu Ara River Aqueduct 1.JPG
基本情報
日本の旗 日本
所在地 埼玉県鴻巣市 - 熊谷市
交差物件 荒川和田吉野川
用途 水管橋
管理者 埼玉県企業局
施工者 (上部工)住友金属工業栗本鐵工所
(下部工)島田建設、浦和土建工業、島村組、伊田組[1]
竣工 1984年5月31日
座標 北緯36度4分52.6秒 東経139度26分21.3秒 / 北緯36.081278度 東経139.439250度 / 36.081278; 139.439250
構造諸元
形式 ローゼ補剛形式
材料 鋼材
全長 1100.95 m
直径1.2 m×2本[1]
桁下高 13 m[1]
最大支間長 104.132 m[2]
地図
荒川水管橋の位置(埼玉県内)
荒川水管橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

概要編集

埼玉県広域第二水道用水供給事業の一環として[4]1982年(昭和57年)9月に着工され[5]1984年昭和59年)5月31日[6][注釈 1]埼玉県北足立郡吹上町大芦(現 鴻巣市)と大里郡大里町小八林(現 熊谷市)の間に完成、同年7月より通水を開始した[8]。総事業費は39億160万円であった[5]。荒川河口からおよそ68 kmの地点に架設されている[9]ローゼ補剛形式14連で、全長は1100.95 m。送水管自身が橋桁を兼ねた構造である。直径1.2 mの送水管は白、アーチ部材は赤く塗装されている。橋の施設管理者は埼玉県(企業局)である[9]。1985年(昭和60年)には、厚生省日本水道新聞社の企画による近代水道百選に選定された[7]。また、同年全日本建設技術協会より経済的かつ美観上優れていると評価され「全建賞」を受賞した[5]

利根川利根大堰で取水された河川水は行田浄水場で浄水処理される。こうして作られた水道水は埼玉県企業局による県営水道として埼玉県内各地に供給されるが、比企入間地方をはじめとする県西部へは本橋を介して左岸側(吹上)から右岸側(吉見)に送水される。

水道専用の橋であり、通常は人が渡ることはできないが、2016年10月に本橋のキャットウォーク(メンテナンス用通路)を歩いて渡ることができる見学会が初めて開催された[10]。以降、例年春と秋に見学会が開催される[11]

周辺編集

付近の荒川堤防は、秋には約1,000万本のコスモスが咲き乱れる[7][3]。上流約500 mの地点には埼玉県道66号行田東松山線大芦橋があり、本橋と大芦橋の間の和田吉野川には、特徴的な橋脚を持つ吉見橋が架かる[12]

荒川を渡る送水施設には、ほかに深谷市の荒川第二水管橋がある。深谷市と熊谷市の境付近には、荒川の下をくぐり農業用水を運んでいた江南サイフォンの遺構が残る[7]

その他編集

埼玉県企業局が発行する荒川水管橋の橋カードが、橋の見学者に配布されている[13]。橋カードにはメンテナンス用通路から眺めた本橋の写真のほか、橋に関するデータが記されている[1]

風景編集

隣の橋編集

(上流) - 久下橋 - 大芦橋 - 荒川水管橋 - 糠田橋 - 滝馬室橋 - (下流)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 埼玉新聞の記事では1984年6月完成[5]、国土交通省のホームページでは1984年7月完成[7]と記されている場合もある。

出典編集

  1. ^ a b c d 5月20日(日)水管橋を歩いて水道を学ぼう! 荒川水管橋見学会(にち10おでかけリサーチ)”. TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国 (2018年5月20日). 2020年1月26日閲覧。
  2. ^ 吉原忠 & 栗原哲男 (1984, pp. 50-53)
  3. ^ a b 鴻巣の日本一 【日本一】水管橋の長さ(1,100.95 m)”. 鴻巣市役所 (2016年3月1日). 2020年1月23日閲覧。
  4. ^ 吉原忠 & 栗原哲男 (1984, p. 49)
  5. ^ a b c d 昭和60年6月30日『埼玉新聞』10頁。
  6. ^ 荒川水管橋の銘板 - 有限会社フカダソフト(気まぐれ旅写真館). 2020年1月27日閲覧。
  7. ^ a b c d 荒川水管橋 〜日本一長い水管橋〜 (PDF)”. 国土交通省 荒川上流河川事務所. 2020年1月26日閲覧。
  8. ^ 吉原忠 & 栗原哲男 (1984, p. 58)
  9. ^ a b 荒川上流河川維持管理計画【国土交通大臣管理区間編】 (PDF) p. 107 - 国土交通省 関東地方整備局(2017年11月. 2020年2月11日閲覧。
  10. ^ “埼玉県荒川水管橋 初の見学会に700人”. 日本水道新聞. (2016年12月1日). http://www.suido-gesuido.co.jp/blog/suido/2016/12/700.html 2020年1月26日閲覧。 
  11. ^ “日本一長い水管橋を歩いてみよう!荒川水管橋見学会の開催” (プレスリリース), 埼玉県企業局, (2019年9月30日), https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0930-99.html 2020年1月26日閲覧。 
  12. ^ 【橋りょう】 大芦橋〔鴻巣市・熊谷市〕”. 埼玉県県土整備部 (2018年2月15日). 2020年1月26日閲覧。
  13. ^ 水管橋カードを作成しました”. 埼玉県 (2019年4月18日). 2020年1月26日閲覧。

参考文献編集

  • 吉原忠、栗原哲男「荒川水管橋の設計と施工」『橋梁』第20巻第12号、橋梁編纂委員会、1984年12月、 49-58頁、 ISSN 0287-0991
  • “荒川水管橋が全建賞を受賞”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 10. (1985年6月30日) 

関連項目編集

外部リンク編集

  • 荒川水管橋 - 有限会社フカダソフト(気まぐれ旅写真館)