メインメニューを開く

荒沢寺(こうたくじ)は、山形県鶴岡市にある寺院で羽黒山修験本宗の本山である。山号は羽黒山で、正善院が本坊である。本尊は大日如来阿弥陀如来観音菩薩

荒沢寺こうたくじ
荒沢寺山門
荒沢寺山門
所在地 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向232
位置 北緯38度42分53.2秒 東経139度57分27.8秒 / 北緯38.714778度 東経139.957722度 / 38.714778; 139.957722座標: 北緯38度42分53.2秒 東経139度57分27.8秒 / 北緯38.714778度 東経139.957722度 / 38.714778; 139.957722
山号 羽黒山
宗旨 羽黒山修験本宗
本尊 大日如来・阿弥陀如来・観音菩薩
法人番号 4390005004870
テンプレートを表示

歴史編集

この寺は、崇峻天皇の皇子蜂子皇子(能除太子)によって開かれたと伝えられ、出羽三山湯殿山月山羽黒山)に対する山岳信仰修験道の寺として古くから信仰されてきた。もとは真言宗を中心とする寺院であったが、江戸時代に入ると天台宗に属することとなった。

明治初年の神仏分離に伴い延暦寺の末寺となり、第二次世界大戦後の1946年昭和21年)、島津伝道が独立して羽黒山修験本宗の本山となった。

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

羽黒山修験本宗編集

羽黒派修験は、真言宗当山派、天台宗本山派の2派に収斂していった修験道2派のいずれにも属さず、古くからの修験道と、土着の月山の祖霊信仰が結びついた独自の修験である。

その中で、荒沢寺の修験道は、地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天人、声聞、縁覚、菩薩、仏の、世界を形成している十界を体験する「十界行」を厳密に行うことが、出羽三山神社と比した特徴である。十界行とは、行者が死に、死の世界で、山内の各行場での修行を通じて十界の苦しみを体験し、現世へと転生する行である。出羽三山神社の行は仏式ではなく神式であり、行を通じて死後の追体験を行うのは同じだが、その内容は古来からの修験と比べて簡略化されたものである。

参考文献編集

関連項目編集