荒牧 寅雄(あらまき とらお、1902年11月22日 - 1994年8月8日)は、日本自動車技術者実業家いすゞ自動車社長や、同社会長、自動車技術会会長、日本兵器工業会会長などを務めた、正四位勲二等瑞宝章

人物・経歴 編集

福岡県田川郡糸田町出身。1926年横浜高等工業学校(現横浜国立大学理工学部機械工学科卒業[1]東京帝国大学工学部助手。1928年東京石川島造船所入社、自動車部。1937年東京自動車工業鶴見製造所設計課長。1944年ヂーゼル自動車工業技術部次長。1946年同社取締役。1952年いすゞ自動車常務取締役。1962年同社専務取締役自動車技術会会長[2]。1966年藍綬褒章受章。同年からいすゞ自動車取締役副社長を務め、1970年からは代表取締役社長としてゼネラルモーターズとの提携を行った。1972年勲二等瑞宝章受章。1976年取締役会長。1980年相談役日本自動車工業会機械設備委員長、日本機械学会理事日本自動車連盟理事、高速道路調査会監事日本産業車両協会理事等も歴任したが[3][4][1]、1994年に死去し、特旨を以て位記を追賜せられ、正四位に叙された[5]

著書 編集

  • 『くるまと共に半世紀』いすず自動車 1979年
  • 『たび路はるかに : 続・くるまと共に半世紀』いすゞ自動車 1981年

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ a b 「煙洲会四百回記念」 煙洲会400回記念号 1978-08
  2. ^ 歴代会長
  3. ^ 「トヨタ自動車販売(株)『世界への歩み : トヨタ自販30年史. 資料編』(1980.12)」
  4. ^ ローチGM会長来日”. 共同通信イメージズ (2010年12月21日). 2018年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月28日閲覧。
  5. ^ 官報平成6年本紙第1483号 12頁
先代
大橋英吉
いすゞ自動車社長
1970年 - 1976年
次代
岡本利雄
先代
小林佐三郎
日本兵器工業会会長
1967年 - 1969年
次代
大久保謙
先代
豊田英二
自動車技術会会長
1962年 - 1963年
次代
新山春雄