メインメニューを開く

荘司 福(しょうじ ふく、1910年3月26日 - 2002年10月19日)は日本画家

目次

来歴編集

父親の赴任先であった長野県松本市で生まれ育つ。女子美術専門学校(現・女子美術大学)師範科日本画部卒業。郷倉千靱に師事。

数学者荘司篤と結婚後は仙台に移り住む。長女は日本画家の小野恬。結婚後は作家活動を休止していたが、夫の篤が結核に倒れ、画家としての活動を再開。1941年第6回東北美術展(現・河北美術展)に出品。第10回東北美術展で河北美術賞受賞。1951年日本美術院院友、1981年日本美術院評議員。

仙台、東京、横浜と移り住み、戦後は油彩画の要素を取り入れた日本画制作を行った。晩年まで創作意欲は尽きることなく、取材旅行でインド、ネパール、エジプト、ケニアを訪問。特に思い入れの強い東北地方と仏教遺跡、自然との融和を図った作品を数多く発表し、静謐で玄妙な画風を確立した[1]

2002年10月19日、老衰のため死去。

2010年に女子美術大学より名誉博士号を授与された。

略歴編集

主な作品収蔵編集

参考文献編集

脚注編集