メインメニューを開く

荷田 在満(かだ の ありまろ、宝永3年(1706年) - 寛延4年8月4日1751年9月23日))は、江戸時代中期の国学者。父は荷田春満の弟羽倉高惟で、春満の養子となった。通称は東之進。字は持之。号は仁良斎。生れは山城国紀伊郡

1728年享保13年)江戸に出て有職故実について幕府の下問に答え、その後御三卿の一人田安宗武に仕えた。1739年元文4年)『大嘗会便蒙』(だいじょうえべんもう)を出版したが、朝廷の秘儀を公開したで筆禍をこうむり、100日間の閉門に処せられた。また、賀茂真淵を田安宗武に推挙している。

著書に有職故実関係の『令三弁』『装束色彙』や、『国歌八論』『白猿物語』がある。