荷田春満

日本の江戸時代中期の国学者、歌人 (1669-1736)

荷田 春満(かだの あずままろ、寛文9年1月3日1669年2月3日〉- 元文元年7月2日1736年8月8日[1])は、江戸時代中期の国学者歌人。通称は斎宮(いつき)[2]。初名は信盛と称し[2]、のちに東丸[2]賀茂真淵本居宣長平田篤胤と共に国学の四大人の一人とされる[3]

荷田春満像

概要編集

 
東丸神社
 
伏見稲荷大社の荷田春満旧宅

荷田春満の父は伏見稲荷神社(現在の伏見稲荷大社)の社家で御殿預職の羽倉信詮(はくら のぶあき)であり[2]、母は細川忠興の家臣深尾氏の娘貝子である[2]

荷田春満は契沖の『万葉代匠記』などを学び、国家意識を強くして古典及び国史を学び古道の解明を試みた結果、『万葉集』『古事記』『日本書紀』や大嘗会の研究の基礎を築き、復古神道を提唱するなどの業績を残した[4]享保13年(1728年)には、著作『創学校啓(そうがくこうけい)』を江戸幕府に献じて、将軍・徳川吉宗に国学の学校建設の必要性を訴えた[2][5]

弟子に賀茂真淵がいる[2]

近世らしい合理性・実証性を持ちつつ、中世風の家学を守る意識も強く、家を興そうとする気概があった人物であった[2]

荷田春満の著述は、業半ばで倒れたため未定稿のものが多い[2]。主な著書に『万葉集僻案抄』『春葉集』『創学校啓』『伊勢物語童子問』などがある[2]

ゆかりの地編集

  • 東丸神社:読みは「あずままろじんじゃ」。京都市伏見区伏見稲荷大社境内に隣接する。学問の神様で知られ、合格祈願の絵馬や折鶴が奉納されている。(画像参照)
  • 国学発祥の地:神田神社の境内にある。この地は、春満が江戸に出て、初めて国学の教場を開いた場所で、国学発祥の地とされている。碑は作家今東光の撰による。

略歴編集

寛文9年に京都において神官の子として生まれる。元禄10年(1697年)より妙法院宮尭延法親王霊元天皇第五皇子)に仕官したが[2]、元禄12年(1699年)に暇をもらい[2]、元禄13年(1700年)3月には勅使として江戸へ派遣された大炊御門経光卿に随伴して一緒に江戸へ下向した。

経光卿は役目を終えると早々に帰京したが、春満はそのまま江戸へ残らせてもらい、江戸の武士たちに歌学や神道の教授を行うようになった[2]。この教授によって名を知られるようになり、芝崎好尚杉浦国頭森暉昌などの門人を得る[2]吉良義央の家臣・松原多仲とも交流があった[6]

正徳3年(1713年)4月には一度帰京しているが[2]、10月には江戸へ戻る。この滞在中に長岡藩牧野家に招聘されて一度は固辞するも[2]、老母を養うために長岡藩主牧野忠辰より五人扶持を支給された[2]。正徳4年(1714年)8月に帰郷した後、母の死後、享保7年(1722年)に江戸へ再び戻る[2]。同年6月には富士信章の招きに応じて富士大宮に滞留し、この際に富士登山を行っている[7]

享保8年(1723年徳川吉宗の上意により有職故実に関する「御尋之義一々御返答」を提出し[2]、吉宗から祐筆の下田師古に和学を相伝すべしと命じられる[2]。同年6月に役目を終えて帰郷[2]。帰京後もたびたび吉宗の下問に応じていたが、享保13年(1729年)9月に養子の荷田在満が職務に当たることになった[2]。この時期、国学の学校建設の必要性を述べた『創学校啓』を吉宗に提出した[2]

享保11年(1726年)に胸を患い[2]、享保15年(1730年)には中風にかかり[2]、元文元年(1736年)に死去した[2]。享年68。

創作・脚色編集

  • 忠臣蔵の創作では大石良雄とは旧知の関係であったとされている。大石は、吉良義央と昵懇だった春満から吉良邸茶会が元禄15年12月14日1703年1月30日)にあることを聞き出し、来客が泊まるようなので討ち入りは延期したほうがよいという情報だったがこの日を討ち入り決行の日と定めた。また大石は狐との間に子があり、討ち入り後の養育を春満に託した。この狐の子を祀るのが東丸神社であるとなっている。
  • 史実では春満は大石とは一面識もなく、名前もお互い知らなかった。事件当日に堀部金丸宅で大石無人・良穀(三平)父子より吉良の茶会の参加者として春満の名を聞いたときが初耳だった。また東丸神社は1883年(明治16年)、春満に正四位が贈られたのを記念して社殿を造営、創祀されたもので元禄赤穂事件よりもはるか200年近くもあとの建立である[8]。同社は「東丸大人(あずままろうし)」が祭神で伏見稲荷大社からは独立した全く別の宗教法人である。
  • 『元禄忠臣蔵』では春満は大石良雄を嫌悪し、罵倒するキャラになっており、ののしりの中にうっかり吉良家のお茶会の日程情報が混ざっていたという設定になっている[9]

全集等編集

昭和3年(1928年)から昭和7年(1932年)にかけ、当時の官幣大社稲荷神社編により吉川弘文館で『荷田全集』全7巻が刊行された。平成2年(1990年)に名著普及会で復刻されている。昭和19年(1944年)に同じく稲荷神社により『荷田春満全集』(全10巻)が企画されたが、当時の情勢により第4、5、6、10巻のみ東京の六合書院で刊行された。吉川版も未完結であった。

近年、國學院大學の百二十周年記念事業の一環として、文学部教授の根岸茂夫を代表に「近世国学の展開と荷田春満の史料的研究」の企画が立ち上がり、平成15年(2003年)6月より『新編 荷田春満全集』(全12巻)が、おうふう(旧名は桜楓社)で刊行開始、平成22年(2010年)2月に完結した。

一覧編集

第1巻 書入本『古事記』2003 
第2巻 (日本書紀・祝詞) 2004
第3巻 (日本書紀・風土記)2005
第4巻(日本書紀歌謡・万葉集上)2005
第5巻(万葉集 下)2006
第6巻(古今和歌集)2006
第7巻(伊勢物語・百人一首)2007
第8巻(職原抄)2008
第9巻(律令)2007
第10巻(国史)2009
第11巻(語彙・アクセント資料)2009
第12巻(創倭学校啓・和歌・創作祝詞)2010

登場する作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 荷田春満』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典第1巻』岩波書店、1983年10月、646-647頁。 
  3. ^ 国学の四大人(こくがくのしたいじん)の意味”. goo国語辞書. 2020年7月22日閲覧。
  4. ^ 日本史用語研究会 『必携日本史用語』(四訂版)実教出版 (原著2009年2月2日)。ISBN 9784407316599 
  5. ^ 全国歴史教育研究協議会 『日本史B用語集―A併記』(改訂版)山川出版社 (原著2009年3月30日)。ISBN 9784634013025 
  6. ^ 『大石内蔵助の生涯 真説・忠臣蔵』104p(三五館、1998年)
  7. ^ 國學院大學文学部、「荷田春満年譜稿 寛文十一年羽倉信詮日記」(平成19年度國學院大學特別推進研究「近世における前期国学の総合的研究」成果報告書) 、2008
  8. ^ 大貫真浦『荷田東麿翁』
  9. ^ 新歌舞伎「元禄忠臣蔵」(真山青果、1934)

参考文献編集

関連項目編集

関連文献編集