メインメニューを開く

閉門(へいもん)は、江戸時代刑罰の一つで、武士僧侶などに科せられた。逼塞より重く、門扉、窓を閉ざし、昼夜ともに出入りを許さなかった。ただし蟄居より軽い。

関連項目編集